ゆたに歯科の小児矯正は
『歯を抜かない』

小児矯正は8歳までに。

早く始めると「歯を抜かず、痛みがなく、効果が出やすい矯正治療」ができる。

なぜ8歳までに矯正治療を始める必要が?

結論:歯が並ぶ場所である顎の骨の成長は10歳までにほとんど終わる

顎の骨の大きさと歯並びは密接に関係しています。

顎の骨の発達が不十分で小さいままでは歯が並ぶ場所が足りず「ガタガタな歯並び」に。
顎の骨の成長が終わる頃から歯を並べようとすると高い割合で永久歯抜歯が必要に。

少し前までは永久歯に生え変わる12歳以降の矯正治療が良いと言われてきましたが現在では遅くとも8歳までに治療を開始した方が様々なメリットがある事が分かっています。

『残念ながら』

生え替わりの時期に「別の場所から歯が生えている」「歯がナナメに生えている」などすでに歯が並ぶスペースが足りない場合、そのままで永久歯がキレイに並びません。

8歳までの治療開始と9歳以降での治療開始の大きな違い

8歳までは床という装置かマウスピース

9歳以降はマルチブラケット

『目立ちにくさ』
8歳までに治療開始するとマウスピースも選択OK

『目立ちにくさ』
9歳以降は目立つ金属がメイン

『痛み』
8歳まではほとんどなし

『痛み』
9歳以降はあります

『取り外し・食事』
8歳までは取り外しOKで食事もしやすい

『取り外し・食事』
9歳以降は取り外しはできないので食べにくくよく詰まる

『注意点』
8歳までは装置の着脱は自分で管理

『注意点』
9歳以降は虫歯になりやすいので注意が必要

『治療費』
8歳までは42万円〜52万円(+税:検査費用と保定装置別途)

『治療費』
9歳以降は矯正基本料金は60万円以上
(+税:検査費用と調整代と保定装置代などが必要)

『永久歯抜歯の可能性』
8歳まではなし

『永久歯抜歯の可能性』
9歳以降は40%〜60%の確率で永久歯抜歯

『矯正後の安定性』
8歳までは歯並びが悪くなった原因である口呼吸を直す事で安定

『矯正後の安定性』
9歳以降は安定せず将来的に再度矯正が必要

☆メリットはそれだけではありません☆

鼻炎やアトピー、喘息が改善する可能性があります。

鼻炎やアトピー、喘息の原因の一つが口呼吸です。マイオブレースを併用する矯正は歯並びが悪くなった原因の口呼吸を直す事でキレイになった歯並びを安定させることを目的とした治療法です。

口呼吸を治す事で歯並びが安定するだけでなく、これらの病気が良くなる子どもがたくさんいます。

集中力のアップがや運動機能の改善が期待できます。

集中力が無いのは、脳の酸素不足が原因だと言われています。8歳までの小児矯正で顎の骨を拡げる事で脳への酸素の通り道である気道が広くなります。その結果脳の酸素が十分になり集中力アップが期待されますし、運動機能の向上も期待できます。

可愛くなる、イケメンになれる、お顔つきが良くなる!

お顔つきの『可愛い』『カッコいい』を決めているのは目から上唇の間です。

この部分が前方にしっかりと発達すると凹凸のある顔になります。芸能界で活躍する方はこのような方が多いですよね。

この部分のお顔の形を決めているのは、『上顎骨(じょうがくこつ)』という骨です。上顎骨が成長不足だと、目から上唇の間がのっぺりしたお顔つきになってしまいますし、そもそも歯が並ぶスペースが足りずにキレイに並びません。

この上顎骨の成長の大部分がなんと10歳までに終わってしまうのです。

ですから、成長が終わってしまうまでに、矯正装置の力を借りてしっかりと成長をさせてあげる事で良いお顔つきに変化していく可能性が高くなります。

8歳までの
子どものお顔は
カッコ良く
可愛くなります!

当院の小児矯正は
患者数が世界トップクラスの
『マイオブレース矯正』
を併用

良くあるご質問

『Q』治療期間はどれくらいですか?

『A』当院では2年です。

『Q』こどもが毎日きちんと続けられるか不安です。

『A』ほとんどの子様がしっかりと続ける事ができています。ただ個人差があると思いますのでお子様が続けられるようにしっかりとサポートしていきます。

『Q』まだ永久歯があまり生えていません。
治療には早いのでしょうか?

『A』治療の最適年齢は5歳〜8歳です。
その年齢ではみんな永久歯はあまり生えていませんが問題ありません。
永久歯が生えそろってから始める矯正治療では、治療が複雑で難しく、一般的に矯正で想像されるようなマルチブラケットという器具を使った矯正になります。

『Q』治療費の分割払いはできますか?

当院では低金利のデンタルローンがご利用いただけますので、月々のお支払額を決めて無理なくお支払いいただけます。

※『デンタルローン』のご利用は信販会社の審査がございます。

矯正の流れ

① 小児矯正無料相談

お子様の歯並び、お顔付きなどが今後どうなっていくのかを具体例をお見せしながらお話します。
期間やお支払い金額についてもお話します。
『ご相談は無料です』

② 初診検査+矯正検査

当院が初めての方にはまず初診検査を受けていただきます。そこで虫歯の有無などの基本的な項目をチェックします。
初診検査を行い矯正を進める上での問題が無かった場合には、引き続き矯正のための検査を行います。
『初診=保険適応』『矯正検査=5,500円(税込)』

③ 検査後のお話

検査結果を元にもう一度お話のお時間をいただきます。
ここでお子様のお口の現状と今後の矯正治療について詳しくお話します。
親御様やご本人様にはここではじめて『矯正をする』『矯正をしない』を決定していただきます。
『検査後のお話は無料です』

④ お支払い

矯正を開始する場合は『ご契約』『同意書のご説明』後に矯正費用をお支払いいただきます。
お支払いは『現金一括(現金分割は承ることができません)』『クレジットカード払い』『銀行キャッシュカード払い(口座から即時引落)』『デンタルローン(3者間契約となり、申込後に審査がございます)』からお選びいただきます。

⑤ 矯正開始

まずはマイオブレースという装置からはじめます。
また、同時にMFTというトレーニングも開始します。
『矯正中のお支払いは基本的にはありません』

マイオブレース

⑥ マウスピースまたは床装置使用開始

マウスピースをご選択された場合はお口のスキャン後にインビザラインというマウスピースを制作します。床装置をご選択された場合は型取り後に床装置を制作します。
装置が完成しましたら最適な時期に使用を開始します。

⑦ 再びマイオブレースに戻ります

顎の拡大が終わりましたら再びマイオブレースを使用してお口周りの筋肉を整えていきます。

⑧ 矯正終了

お疲れ様でした。
場合によってはお口周りの筋肉の発達に不安がある場合があります。その場合は歯が動きやすい状態になってしまうため『保定装置』を使用していただくことがあります。
『保定装置=1万円〜6万円程度(装置の種類によって大きく異なります)』

「これって使えるの?」
医療費控除について

医療費控除についてはこちらをご覧ください↓

最適な治療開始時期を逃さないよう、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正治療の詳しいお話はお気軽に『矯正無料相談』へ

矯正無料相談のお時間は約60分。お電話かWEBにて仮予約をどうぞ