滅菌にこだわる
消毒にこだわる
空気にこだわる

安心を提供する衛生環境
衛生面も世界基準

院内感染とは患者様から他の患者様への病原菌の感染です。
現在は特に新型コロナウイルスに対してですが、歯科医療の現場ではB型C型肝炎、HIVなど危険なウイルスへの対策が欠かせません。
ゆたに歯科では清潔な衛生環境のための設備投資を惜しみなく行っております。

平成26年5月18日読売新聞
『(歯を削る器具)タービンの使い回し』

みなさまの大切な歯をむし歯治療などやむを得ず削る時、歯科医院ではこのタービンと呼ばれるドリルを使い、内部を高速で回転させて歯を削ります。
当然、患者様の唾液や血液などが付着する事がありますので、しっかりとした滅菌が重要です。

ゆたに歯科ではDACユニバーサルという滅菌機器を導入し、通常のオートクレーブ(滅菌器)では届かないタービンの内部までしっかりと滅菌。それを患者さま毎に行っています。

今でこそ導入している歯医者さんが増えて来ましたが、ゆたに歯科はこの見えない部分の滅菌にこそしっかりとこだわりを持っているため、他医院に先駆けて導入しました。

院内感染予防に対する考え方

院内感染とは器具や設備の滅菌消毒が不十分なため、患者様や医療従事者が病原菌に感染してしまう大きな問題です。

しかし、日本の歯科医院の感染予防に対する意識はまだまだ低いのが現状です。「歯科における院内感染対策調査報告」の調査結果では、患者さんごとに手袋を交換している歯科医院が約40%しかなく、さらに歯を削る道具を患者さんごとに交換、滅菌している歯科医院は14.1%しかないと報告されました。

ゆたに歯科では見えないところこそ本当に大事なところであり、コストがかかったとしても決して手を抜いてはいけないところであると心に決めています。

手袋は患者様一人ひとり交換

感染予防のため手袋は患者様毎に交換。こんなことは当たり前のことだと思っていましたがコストを理由に使い回ししている歯科医院が約60%もあるのです。

紙コップやエプロンはすべて使い捨て
感染予防のために患者様が使用する紙コップやエプロンは使い捨て。しかしながら大量にゴミが出てしまうことを考えるとエコではありません。

ゆたに歯科では患者様のご協力のもとマイコップとマイエプロンの持参をお願いしており、現在は多くの患者様にご協力いただいています。ありがとうございます!

ミラーやピンセット、唾液を吸うバキュームは1つ1つ患者様毎に完全滅菌。
ゆたに歯科では、現在2台のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)と回転切削器具専用のオートクレーブ(上記のDACユニバーサル)1台、歯科用洗浄器、超音波洗浄器をフル稼働させています。

歯を削るハンドピースも患者さんごとに完全滅菌
そして決定的なことは歯を削るハンドピースです。世界基準では患者さんごとにオートクレーブという機械で完全滅菌をするのですが、日本の歯科医院の86.9%はせいぜいアルコール綿で拭くか、よくても数十秒ほどアルコールのなかで噴射させる程度で、次の患者さんの口に入れてしまいます。

飲食店で前の人が使った割り箸をアルコールで拭いて、これ使えなんて言われたらどう思われますか?なぜ多くの歯科医院で「患者さんごとにオートクレーブ処理しよう。」とならないのでしょうか?

これもやはりコストが原因です。ハンドピースは精密機械ですので、1本が10万円~15万円します。そしてかなりの本数を用意しないと、次の患者様の為の滅菌が間に合いません。

そして毎回オートクレーブ処理する度に、135度の高熱と高温の乾燥工程でハンドピースがすぐに傷んでしまいます。これにスタッフの人件費がかかってきます。

現行の保険診療には消毒滅菌をすることへの医院への支払いはなく、各医院が売り上げから個別にその資金を捻出します。保険診療のみの歯科医院では残念ながら、このコストを賄い、なおかつ経営を成り立たせる資金を捻出することはおそらく不可能なのではないかと思います。

それでも「ハンドピースは患者さんごとに滅菌する」ことにこだわります

理由はもちろんゆたに歯科に来てくださる患者様を感染から守るためです。ただし、前述のとおり院内感染予防にはコストがかかります。また私たちは滅菌消毒を含め万全の準備をしてご予約の患者様をお待ちしています。

ですから、ゆたに歯科で治療を希望される方と私たちとの約束として『無断キャンセルをする/予約直前のキャンセルを繰り返す』事はご遠慮ください。

「予約を守って頂けない方は来ていただきたくない」とさえ思っています。

私たちは常にできるだけ患者様に安心して治療を受けて頂きたいと考えています。
そのためには院内感染予防のための質の高い消毒滅菌システムを維持していく必要があるのです。

空気にもこだわるゆたに歯科クリニック

ゆたに歯科では患者様に安心して治療を受けていただくために、機械から出る空気にまでこだわっています。

歯科治療においてはエアータービンという器具を使い、歯を削る時も乾燥させる時もお口の中にエアーを多く使います。 

しかし残念ながらそのエアーは清潔では無く多くの歯科医院の院長先生はそのことを知りません。

機械からでるエアーにこだわるゆたに歯科はもちろん診療室の空気にもこだわっています。歯科治療の現場は常に歯や義歯の切削飛沫や浮遊塵そして口腔細菌の飛沫などに汚染されています。

患者様はその中で口を長時間開けているのです。そこで私たちは診療室の空気をオペ室並の清潔な空気にしたいと考えました。

ゆたに歯科では『エアロシステム35M-D』という医療現場向けの大型空気清浄機を三台設置しメンテナンスも欠かしません。そのため診療室の空気はいつもオペ室並のクリーンなエアーを保っています。

診療室や待合室の天井で時折”バチッ”という音がしています。これは大型空気清浄機が空気中のほこりを吸い上げ、さらにプラズマで焼いている音です。この音を聞いたときは「がんばってキレイな空気にしてくれてるな」と思ってくださいね。