ツキイチblog『2021年7月』

『歯肉炎とは』

歯科衛生士の溝端です。

歯肉炎は、歯肉が炎症を起こして、赤くはれたり、出血したりする状態。
歯肉炎の原因は、歯垢(磨き残し)歯垢の中の細菌の毒素や酵素が、歯を支える組織を刺激すると、歯肉が炎症を起こしてしまいます。歯肉炎の段階なら、歯みがきをきちんと行うことで改善することができます。
 しかし、さらに悪化して、歯周ポケットと呼ばれるみぞができたり、歯を支える骨まで溶けたりする歯周炎(歯槽膿漏)になると、元に戻すことはできません。歯肉に不調を感じたら、早めにケアすることが大切です。

歯肉炎や歯周炎を予防するには、毎日の歯みがきで、きちんと歯垢を落とすことです。
自分の歯肉をよく見てみてください。赤く腫れている、歯肉から血が出る、口臭が気になるなどの症状に思いあたったら、注意が必要です。どこが腫れているか、どこから血が出るか確認したら、そこに毛先をきちんと当てて磨きます。血が出ると、怖がってみがかなくなる人が多いようですが、恐れずにみがくことが必要です。
ポイントは、歯と歯肉のさかいめに、ハブラシの毛先を軽く入れるような気持ちで、ななめに当てて、小刻みに動かすことです。
お試しください!


『シェード』
歯科技工士の藤尾です。

今回はシェードについてお話しようと思います。
シェードとは、歯の色を表現する歯科用語です。
ホワイトニングの時などに使用しますね。
また、自費の白い詰め物や被せ物を作製するための型採りの時は、色合わせのための写真を撮ります。
その時に、シェードガイドという歯の色見本を参考にして撮っていきます。
撮った写真データは、歯科技工所に送って、作製時の参考にしてもらいます。
特に希望がなければ、その時の歯の色味に合わせて作製してもらいますが、白めに作製することなども可能です。
例えば、ホワイトニングをする予定でしたら、詰め物や被せ物はホワイトニングでは白くならないので、作製時に白めにする必要があります。
ただし、ホワイトニングをするまでは入れた部分だけ白浮きしますし、ホワイトニングをした時に作製したのと同じ色になるとは限らないので、ホワイトニングを予定している方は早めにドクターや衛生士にご相談下さいね。


「物販紹介 第7弾」


歯科助手の尾茂です。

暑い日が増えて参りましたが皆様いかがお過ごしですか?

さて、今回もゆたに歯科の待合室にある物販コーナーから一つご紹介致します!

知覚過敏等に悩まれる方におすすめの歯磨き粉『チェックアップ ルートケア』です✨

チェックアップルートケアは辛過ぎない優しい味の歯磨き粉です。
低刺激なので、歯磨き粉の辛味が苦手な方でも安心して磨いていただけます😊
泡立ちの無いジェルタイプなので、どこを磨いているのかもしっかりと確認できます!

知覚過敏に悩まれる、歯茎が下がり根元が見えてきたという方にはとてもオススメです✨
ピロリドンカルボン酸という成分で表面をコーティングし、塩化セチルピリジニウムで歯周病を予防して歯茎が下がらないように抑え、硝酸カリウムで知覚過敏の痛みを少なくします。
また、1450ppmと高濃度のフッ素が配合されており虫歯予防にもオススメです🦷

歯の健康を保つためには毎日の歯磨きやフロス、定期検診がとても大切です!
毎日しっかりと歯磨きやフッ素洗口をして、虫歯ゼロを目指していきましょう‼️


「歯磨き粉の違い」


歯科衛生士の渡邊です。

今回は歯磨き粉についてご紹介しようと思います!
最近は歯磨き粉にも様々なタイプのものが販売されていますね🌟
主にペーストタイプとジェルタイプを使われている方が多いと思います。みなさんはどちらを使用されていますか?
患者様からどちらが良いのか聞かれることがありますが、それぞれに特徴があるため1人1人にあった歯磨き粉を選ぶことが大切です!

まずペーストタイプは、発泡剤や清掃剤が配合されているのでお口の中の汚れをしっかり落とすことができます。特に着色などが気になる方はペーストタイプがおすすめです!

ジェルタイプは発泡剤や清掃剤が微量、無配合なものが多いためお口の中にフッ素を長く滞留させることができます!寝る前の歯磨きや小さなお子さんにおすすめです!

ゆたに歯科の物販にもペーストタイプとジェルタイプを両方販売しております!気になった方はぜひチェックしてみてください😊


『チャイルドケアについて』

歯科衛生士の上原です。

歯科医院専売品‼️
フッ素970ppm配合🦷
ジェル歯みがき剤チャイルドケア
【効能・効果】
むし歯の発生及び進行の予防
歯肉炎の予防・口臭防止
●薬用成分フッ素が再石灰化を促進して、歯質を強化し、お子様の歯をむし歯から守ります。
●甘味剤は天然素材キシリトールのみ配合で、
お子様の味覚に好まれる、
アップルミント🍎・ストロベリーミント🍓
パイン🍍・グレープ🍇 味です。
●研磨剤・発砲剤・色素無配合の歯に優しい子供用むし歯予防歯磨き剤です。うがいの苦手なお子様にも使用していただけます。✨
歯を強化し、歯の再石灰化作用を促すフッ素塗布も行っています。その際の歯磨きでチャイルドケア(歯磨き粉)も使用してますので、興味のある方や気になる味がありましたら、
ぜひお気軽にお声掛けくださいね☺️


医療法人愛進会ゆたに歯科クリニック
保育士の桝屋です。

最近は少しずつ暑くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
水分補給をしっかり行い、体調に気をつけてくださいね!

今日は医院にもある絵本の「ゆびたこ」を紹介したいと思います。
この絵本はゆびしゃぶりがやめられない女の子の指に、話せるたこができたことがきっかけで、少しずつゆびしゃぶりをやめられるようになる女の子のお話です。

関西弁でお話するゆびたこが面白く、楽しく読むことができます。

大きくなっても指しゃぶりがやめられないと
歯並びにも影響があります。
歯並びが気になるという方は無料相談もしておりますので、是非ご相談してください!


医療法人愛進会ゆたに歯科クリニック
歯科助手の小田です

歯並び

出っ歯と聞くと歯が出てると思われがちなんですが実はそうじゃないんです!

オトガイ筋が常に力が入っており下の顎を無意識の間に押していて下顎が後ろに押されます。
出っ歯は下の顎の顎の成長不足なんです!

出っ歯だけでなく受け口、開口、ガタガタな歯並びは遺伝じゃなくて舌、頬、唇の筋肉のバランスが取れたところにならんでいきます。

お子様の場合、歯並びだけでなくお顔立ちや今後の全身の健康面も関係してきます!

ご自身、お子様の歯並び気になる方は是非お越しください✨


「妊娠中の方へ」

医療法人愛進会ゆたに歯科クリニック
歯科衛生士の千田です

妊娠中は様々な体の変化が起こりますが、体だけではなくお口の中も様々な変化が起こります🦷

ホルモンの影響で
・歯周病菌が増えやすくなる
・唾液が減少する
・歯茎が腫れやすくなる

・お口の中が酸性の状態に傾く

などのような変化が起こります。

また、つわりなどで歯磨きがなかなか出来ないこともあると思います。
歯周病の状態が進行していると、
早産や低胎児出産のリスクが高くなると言われています。

体調の良いタイミングでいいので、歯医者さんで今のお口の中の状況を確認してもらい、
今後同ケアしていくべきかアドバイスを受けるのが良いです✨

レントゲンなど心配な方は、ぜひ気軽にご相談ください‼️


『歯について』

医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック
歯科衛生士の河東です。

みなさんは歯にはそれぞれ特徴があることはご存知ですか??

 表を見ていただくとどの歯にも役割があります!(永久歯の表です。)
永久歯は親知らずを含めると全部で32本あります。
 これだけたくさん有れば一本失っても大丈夫と思う方もいらっしゃいますが、そんなことは全くありません!!
 椅子が4本の足でバランスを取っているように歯も力が均等にかかるようにたくさん並んでいるのです。
 一本でも失うとそのバランスが崩れてしまいます。

食事が取りづらかったり、話しづらかったり、踏ん張ったりする時に力が入らなくなったりなど色んなところに支障をきたす可能性も出てきます。
 
 一本でも多くの歯を大切にするために日頃の歯磨きや歯科医院へ定期検診に行ったり、必要に応じて歯科治療をすることが大切ですね!


3歳までに…?

兵庫県明石市松の内2-7-3
医療法人愛進会 
保育士の三頭です。

みなさん、こんにちは☺️
ゆたに歯科クリニックでは、よく見かけるあの看板のフレーズにある
『3歳までに歯医者に来た子どもはむし歯0で育つ』
3歳までにって書いているけど、何歳から行ったらいいのかな?というお声をいただくことがあります。
実は、歯が生えた時からできる予防があります👶
私も話を聞いた時は、びっくりしました!そんな早くからできる予防があるなんて✨
子どもができた時、友達の子どもが生まれた時、予防は早くして行こうと伝えていきたいです☺️

まだ歯医者に来たことがない、大切なお子さんやお孫さんなどいらっしゃいましたら、是非ゆたに歯科クリニックに一度お越し下さい。
心よりお待ちしております☘️


フロスを使うメリットについて
兵庫県明石市松の内2-7-3
医療法人愛進会ゆたに歯科クリニック、
歯科アシスタント・受付の藤澤です。

みなさんこんにちは!
今回はお口のケアについてお話しをしていこうと思います(^^)
皆さん、お口のケアって聞くとどんなものを連想されますか?歯磨き、フロス、歯間ブラシなどなどいくつか挙がりますね。
その中のフロスについてお話ししていきます!
フロスにはいくつか種類があり、F字タイプ・Y字タイプ・ロールタイプがあります。当院ではY字タイプとロールタイプの物を取り扱っており購入できますよ(^O^)
この2つは前歯も奥歯も使いやすくなっており、歯ブラシでは取れないような隙間が狭い歯と歯の間の汚れをしっかり取ってくれます✨
また、フロスをすることで虫歯や歯周病、口臭の予防につなげることができます!歳を取ってもご自身の歯を多く残していきたいですね。ぜひ習慣化させたいですね。
フロスの使い方は歯科衛生士よりお伝えしていますので遠慮なくお声掛けくださいね(^O^)


『乳幼児期のむし歯予防について』

歯科衛生士の橘です。

今回は乳幼児期のむし歯予防についてお話しします!

まずむし歯はどのようにしてできてしまうか
ご存知ですか?

糖分をむし歯菌が食べると、酸を作り出し、その酸が歯を溶かします。 これがむし歯の始まりです。

糖分は普段私たちが摂取する食べ物や飲み物の中に含まれているものですが、むし歯菌はいったいどこからくるのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいませんが、一緒に住んでいるお母さんやお父さんから伝播し、定着していきます。

このことからむし歯を予防するためのポイントをまとめると

・むし歯菌を伝播、定着させないためには、大人と食器を共有しないこと、とありますが、徹底的にするとなるととても難しく負担になるので、まずはご家族の方の口腔内を清潔にし、歯科検診で定期的にチェックすることが大切です!

・哺乳瓶による含糖飲料摂取をやめること、含糖菓子は規則正しく2回以下の摂取にすることがポイントです!

・歯ブラシのポイントは、毎日仕上げ磨きを行い、歯と歯の間はデンタルフロスを使用しましょう!

・フッ化物の応用のポイントは、3歳までにフッ化物歯面塗布を年2〜3回行い、かつフッ化物配合歯磨剤を毎日使用することです。うがいができるようになったらフッ化物洗口の追加も有効です。

・歯科検診および保健指導は年2〜3回以上行うことが望ましいです。

他にも詳しく仕上げ磨きのポイントやおすすめの歯磨剤、洗口剤なども、ゆたに歯科では検診時にお伝えしています。

ぜひ定期検診にお越し下さい。
スタッフ一同お待ちしてます😊


『詰め物・被せ物について』

医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック
歯科助手の中村です。

最近は,暑くなってきて,夏らしくなりましたね♪
さて、今回は、詰め物•被せ物についてお話しします❗️
虫歯治療を行い、虫歯の大きさによっては最終的に詰め物や被せ物を入れる事になります。
当院では、詰め物•被せ物の種類を複数取り扱っています!みなさん、ご存知でしたか?
保険適用のもの、白いものや再度虫歯になるリスクが低い材質など種類が様々です。
種類のご相談はスタッフが丁寧に説明致しますので、気になる方はいつでもお声がけください‼️