ツキイチblog『2021年6月』

『虫歯予防』

DA 小田幸菜

みなさんは虫歯予防の仕方を知っていますか?
当院ではフッ素、間食回数、仕上げ磨きの3つが大事と患者さんに伝えてます☺️
その中で1番簡単なのはフッ素になります‼️
フッ素の洗口剤を寝る前にしてもらうだけで虫歯予防ができるんです!

私も今ビーブランドの洗口剤を使ってます!
味も青リンゴ味なのでフルーティで嫌にならずに出来ています✨✨

もう1種類ミラノールというのもあるのでよかったらまた試してみてください✨


『院内感染予防について』

歯科アシスタント・受付の藤澤です。

こんにちは!
約2ヶ月の緊急事態宣言が解除され、少しずつ生活が元に戻ってきましたね。
まだまだ油断できないですが引き続き感染対策をしっかりしていきましょう!
暑くなってきたので水分補給も忘れないようにお気をつけください。

今回、院内感染予防についてお話ししていきます。今は新型コロナウイルスが流行しており感染対策が欠かせませんが、歯科の現場ではB型肝炎やC型肝炎、HIVなどのウイルス対策も欠かせません。院内感染とは、患者さまから他の患者さまやスタッフへの病原菌の感染のことをいいます。
院内感染を起こさないために当院では院内感染予防を欠かさず取り組んでいます。
ミラーやピンセットなど使った器具はオートクレーブ(滅菌器)で滅菌をしたり、歯を削るハンドピースという器具を患者さま毎に専用のオートクレーブで滅菌をしています。また、グローブも患者さま毎に交換しています。コロナ対策ももちろん行っていますので安心してお越しいただけると嬉しいです!
ご不安に思われていること、お気になることがございましたらゆたに歯科クリニックにお問い合わせください。


『フッ素とは』

歯科衛生士 溝端です。

フッ素はどのように働くのか
●エナメル質の修復を促進
酸により歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進する。
●歯の質を強化
歯の表面を覆うエナメル質を、酸に溶けにくい性質に変え、むし歯への抵抗力を高める。
●菌の働きを弱める
むし歯を引き起こす細菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑える。
という3つの働きで、むし歯の発生と進行を防ぎます。

フッ素は子どもだけではないんです!
大人になると、不規則な生活や、歯科治療などにより2次むし歯(治療済の歯が再度むし歯になる)になりやすく、むし歯リスクが上昇することがあります。また年齢が進むにつれ、歯周病によって歯茎が下がってしまい、セメント質とよばれる表面が弱い部分が露出し、むし歯になりやすくなります。
フッ素ケアは大人にも非常に大切なケア方法になります。
分からないことがあれば定期的の際に担当の歯科衛生士にご質問下さい!


『ホワイトニング』

歯科技工士の藤尾です。

今回はホワイトニングについてのお話です。
笑った時等に歯が白くてきれいだと印象も良くなりますよね。
ゆたに歯科クリニックでは、医院で専用の機器を使用するオフィスホワイトニングと、家でマウスピースを使用するホームホワイトニングの両方を取り扱っています。

どちらか片方のみでもできますが、両方を組み合わせたほうが効果が出やすいです。

また、ホワイトニングをした時に、天然の歯は白くなるのですが、詰め物や被せ物等は色は変わらないです。
もし、治療が必要な歯がある場合は、治療とホワイトニングの順番をドクターや衛生士と相談してくださいね。
ゆたに歯科のスタッフもホワイトニング経験者が数名いますので、どうぞ気軽に質問してください。


『物販紹介 第8弾』

ゆたに歯科クリニック
歯科助手の尾茂です。

今回もゆたに歯科の待合室にある物販コーナーから一つご紹介致します!

毎日コーヒーや紅茶を飲んでいませんか?
食べ物や飲み物によっては、歯に着色しやすい成分が入っているものもあります。

そういえば昔より歯が黄色っぽくなってるかも……😱

なんて、歯にステインが付いているのが気になっている方も多いのではないでしょうか?

毎日の歯磨きでステインを除去したい!という方におすすめの歯磨き粉が『ブリリアントモア』です。

ブリリアントモアは美白と優しい味が特徴の歯磨き粉です。
ピロリン酸ナトリウムがステインを歯の表面から浮かび上がらせるので、ブラッシングによって取り除くことができます。
歯の持つ本来の白さを引き出すことができるんです✨

味も3種類から選ぶことができます。
爽やかなフレッシュスペアミント、甘くマイルドなアプリコットミント、その中間のシトラスミントの3つがありどれもとても美味しく飽きない味です😊
更にフッ化ナトリウムも配合しており虫歯予防もできます✨

歯の健康を保つためには毎日の歯磨きやフロス、定期検診がとても大切です!
毎日しっかりと歯磨きやフッ素洗口をして、虫歯ゼロの白く美しい歯を目指していきましょう‼️


『洗口液の効果』

医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック
歯科衛生士の渡邊です。

今回は洗口液についてお話しようと思います!
今薬局では様々な種類の洗口液が販売されていますね!
使用されている方も多いと思いますが、みなさんはどのタイミングで使っているでしょうか?

虫歯や歯周病とは、細菌の塊である「バイオフィルム」によって引き起こされるお口の中の病気です。
洗口液には口臭予防や抗菌効果など種類によって様々な効果が期待できますが、このバイオフィルム自体を完全に取り切ることはできません。
磨き残しそのものを落とすためには歯磨きで物理的にバイオフィルムを除去することが必要です。

そのため洗口液は歯磨きができた後のプラスの役割であると考える必要があります!洗口液を使用しているから歯磨きはしなくてもいいといった間違った認識にならないように気をつけましょう⚠️

正しい使い方を知った上で活用していき、綺麗なお口を保っていきましょう🌞


『マイオタレア』


保育士の桝屋です。

最近暑い日が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか。
水分補給をしっかり行い
体調を崩さないよう夏を乗り越えていきましょう!

今日は、トレーニング器具についてお話させていただきます。
矯正をしてせっかく歯が綺麗に並んでも
歯並びを悪くするくせがなおっていなければ
後戻りしてしまいます。
舌の動きが重要になっていくのですが
その舌を鍛えるためにマイオタレアという
装置を使ってトレーニングを行っています。

この装置は舌でタグを押すことで舌が鍛えられたり
口唇でタグをつぶす動きをすることで口唇を鍛えることができます。

この装置を使うことで舌を正しい場所に置き
口を閉じることを覚えていきます。

矯正終了後歯が後戻りしないよう保定装置という
綺麗な歯並びを保つために使う装置も使っていきますが
日々の口の癖をなおすことで後戻りしにくくなります。

ゆたに歯科では歯並びを綺麗にするだけでなく
歯並びが悪くなった原因も一緒にトレーニングすることができます。

興味のある方は是非お声がけください!


『タフトブラシ』


タフトブラシは、ひとつの毛束でできた小さなヘッドの歯ブラシです。

日常の歯磨きでは落としにくい汚れを落とすのに適しています。

普通の歯ブラシを使った歯磨きでは歯と歯の間や歯茎との境目などに歯ブラシの毛先が届きにくいため歯垢を完全に落とし切るのは難しいのですが、タフトブラシを使えば、気になる部分の歯を1本ずつ丁寧に磨けるので、歯垢の除去率を高めることができます。

タフトブラシを使う時は、毛先を小刻みに動かすようにして磨きます。鏡を見ながらおこなうと、磨きたい部分が分かるので効果的にブラッシングできます。

ゆたに歯科では、歯周治療中はもちろん、定期検診でも練習を歯科衛生士と一緒にします。
私も、普通の歯ブラシ、フロス、タフトブラシを使用して毎日歯のケアをしています!
皆さんも、是非使ってみてくださいね!
使い方に不安がある方は、担当の歯科衛生士まで!!


『歯周病で死ぬ?!』


保育士の三頭です。

みなさん、こんにちは☺️
ゆたに歯科クリニックの受付に、こんなフレーズの名刺サイズの紙を置いているのを見たことあるでしょうか?

『え?歯周病で死ぬ?!』

初めて見たときは強いインパクトだな😳とびっくりしました。でもそのくらい、そこまで怖い病気であることが知られていないのも事実です。
私たちは、1人でも多くの患者様や、地域の皆様に歯周病は歯だけでの病気ではなく、放っておくと身体全体に関わってくる恐ろしい病気であることを知っていただき、一緒に治療していきたいと思っております🦷✨
詳しい内容や、ご自身のお口の中で気になることがありましたら、ぜひゆたに歯科クリニックにお越しください!
お待ちしております☺️


『ホワイトニングについて🦷』

衛生士の上原です
皆様こんにちわ!
ホワイトニングについてどれくらい知っていますか??
ホワイトニングとは、歯の黄ばみを分解して自然な白さに導く施術です。
医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニング、その二つを併用するデュアルホワイトニングの3種類があります。天然の歯を白くするので、自然な白さを目指せます。
○歯が黄ばむ原因
歯の黄ばみは、表面の汚れではなく歯自体が加齢や生活習慣、遺伝、抗生物質の影響などによって黄ばむことで起こります。
加齢や生活習慣による黄ばみは、少しずつ進行するため自覚しにくく、30歳前後で気になり始める方が多いです。
また加齢によって歯が黄ばむ
理由として年齢とともにエナメル質は薄くなり、象牙質は厚みを増して色が濃くなります。薄くなったエナメル質から肥大化した象牙質が透けて見えるため、歯が黄ばんで見えるようになるのです。
他にも、タバコのヤニや茶渋で付いた着色もありますが、これはクリーニングで落とすことができます!
マスクを取って生活する日も近いので、白い歯の方が清潔感がより出ます!
詳しくはスタッフまで😁✨


「フロスは使っていますか?」

歯科衛生士の千田です。

皆さんはフロス(糸ようじ)を使っていますか??

実は、歯についてくる歯垢(細菌の塊)は歯ブラシだけでは60%しか落ちないのです‼️
残りの40%は歯と歯の間🦷
フロスをしないと落ちないのです。

フロスは食べカスが詰まった時だけするのではなく、日々のケアで使う事が大切です。
最近では薬局にも様々な種類のフロスが売られています♪
どのフロスをどのように使うべきか
是非歯科衛生士にお尋ねください‼️