ツキイチblog『2020年11月』

「院内症例発表」

DAの小田です。

みなさんこんにちは!
朝晩かなり寒くなってきましたね!
今年も残り1ヶ月です!早いですね😆😆
体調に気をつけて毎日楽しんでいきましょう✨


ゆたに歯科では院内症例発表会をしております!
診療中は患者さんのために全力を使わせていただいておりますが診療以外は理事長をはじめドクター、衛生士、アシスト、受付さんともにみんなすごく勉強や練習をされてます!

症例発表をしたり勉強会で学んだことのシェアなどもしてます!

ゆたに歯科メンバーはみんなすごく勉強熱心なんです!

今月は千田さんの発表でした‼️
また来月以降も楽しみです😆

衛生士 溝端です。

患者さんに
よく聞かれる質問があります🦷
食後すぐ磨くの?
30分あけた方がいいの?
みなさんも何となく聞いたことが
あるのではないでしょうか😣

食後すぐに歯をみがくと、歯が溶けてしまうという話を聞いたことありませんか??
もととなったのは実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。
実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。

歯みがきの目的は歯垢の除去、細菌を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。
結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

『練習のお供』

歯科衛生士の梅田です!

最近は朝晩の冷え込みがきついですね…
朝寒くてニットを着て出かけると昼間は暑くてニット脱ぎたくなる毎日です(笑)

今回は、ドクター、歯科衛生士の練習で使用している
マネキンを紹介します!

このマネキンは、
・開口量(お口の開き具合)
・顔の向き(右向き左向き)
・頭の位置(上向き下向き)
を変えることができるんです!


ドクターは虫歯治療の練習、歯科衛生士は歯石取りの練習など、
毎日このマネキンを使って練習をしています!

しかしどこまでいってもマネキンはマネキン。
なかなか実際の患者さんと全く同じように練習というわけにはいきませんね…
頭のなかで実際の患者さんのお口の中を想像を繰り返しながら練習する毎日です
もしかするとこのブログを読んでいるあなたのお口を想像しながらドクターや歯科衛生士は練習をしているかもしれませんよ!(笑)

このように、私たちは万全の状態で患者さんをお待ちしております!!

↑怖い・・・笑

『永久歯が抜けたままにしておくと・・・』

歯科技工士の藤尾です。

突然ですが、むし歯や歯周病などで永久歯が抜けてなくなったままにしておくと、どうなると思いますか?
たまに、奥歯が抜けて隙間が空いたまま、何もせずにほったらかしにしている方がいらっしゃいます。
もし、歯がなくなっても問題ないからそのままにしておくと、実は残りの歯がその空いた隙間を埋めるように少しずつ動いてしまいます。
例えば、反対側の咬み合っていた歯が伸びてきてしまったり、抜けた歯の後ろの歯がだんだん前に傾いてきたりします。
その結果、歯並びが悪くなってきます。
また、咬み合わせが変わる等した結果、物が上手く咬めなくなったり、痛みが出たりすることもあります。
1本くらい歯がなくなっても困ることがないからと何もしないと、後々になって症状が出てくることもありますので、歯科医院でしっかり治療を受けてくださいね。
永久歯が抜けた場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラント等、様々な方法があります。
ぜひ歯科医師にご相談ください。

『酸蝕症とは』

 
歯科衛生士の土岐です☺️

もうすぐ12月ですね!涼しいから徐々に寒いに変化しているので冬の訪れを感じております⛄️

今回は酸蝕症(さんしょくしょう)についてお話ししていきます😈
飲み物、お薬、胃液などに含まれる酸が直接、歯面に触れることで歯が溶けてしまうことがあります。それを酸蝕症と言います。

酸蝕症の有病率は約30%と非常に高いです😲
歯の噛み合わせの部分や先端が欠ける、歯と歯茎の境目が削れてくるといったものが見られる他、知覚過敏を訴えることもあります。

酸蝕症を引き起こす原因としては飲食物に含まれる酸が多いです。
飲み物の場合は患者さんが習慣的に摂取していて、歯に悪いと自覚していないことが多いのです💦
○清涼飲料水 ○スポーツドリンク ○ジュース ○お酢
○栄養ドリンク ○酒類・・
などなど酸性の飲み物は身近に溢れています。

酸性の飲料を飲むとすぐに歯面のpHは歯のエナメル質が脱灰(歯が溶ける)し始める臨界pH を下回ります。
通常、酸性の飲料は酸味があるため唾液がたくさん出て、唾液が届く部位では6分程度でpH が中性に戻ります(飲み方や唾液の量により個人差があります!)

唾液の緩衝作用が及びにくい前歯や治療をした詰め物、被せ物の直下などは酸による影響を長く受け続けます。
ダラダラ飲みも同様です。また、糖が含まれている飲料では二次的にpH が下がり続けるのでより注意が必要です!!

『歯医者さん何歳から🧸?』

歯科衛生士の千田です

だんだん寒くなってきて、今年も残り1ヶ月になりました!
手洗い、うがい、マスク、さらに徹底していきましょう💪

いきなりですが、歯医者さんは何歳から通ったらいいか聞いたことはありますか?

実は、歯が生え始めたら来てきただきたいのです‼️

まだ歯が少しだけしか生えてないから、、、
まだ虫歯もないから、、、

などいろいろ理由もあるとおもいますが、虫歯になってから来ると治療をしないといけなかったり、治療したくても年齢が小さいので怖がってしまってできなかったりと、スムーズに治療ができないことがほとんどです。

何もないときから来てきただき、虫歯になるまえにお父さんお母さんに予防方法を知って頂きたいのです✨


その方法はなんとフッ素です!
フッ素を塗ることによってむし歯をできにくくすることができます。

フッ素といっても、フッ素には濃度があり、ある程度の濃度のフッ素が入っているものでないと虫歯予防しにくかったりするので、是非歯医者さんで検診を受けてください!

歯医者さんや歯科衛生士さんが優しく見てくれて、優しく教えてくれます🧸✨

『歯磨き粉』


歯科衛生士の渡邊です!

みなさんはじめまして!
4月から愛進会に入社しました、歯科衛生士の渡邊です!
11月になり今年もあと少しになりましたね🍃
朝晩は肌寒くなっているので体調管理には気をつけてください😵

さてみなさん、ご自宅ではどのような歯磨き粉を使っているでしょうか?
私は「Check Upスタンダード」という歯磨き粉を家族で使っています🦷

この歯磨き粉は
○フッ素が1450ppmと高濃度配合
○泡立ち量が少ないため、しっかり歯磨きができる
○口をゆすぐ時は少量の水でOK
○低研磨で歯を傷付けにくい

などたくさんのメリットがあります✨
フッ素がお口の中全体に広がりやすい柔らかいペーストになってるのでオススメです!

Check Upの歯磨き粉は、他にも根面までコーティングするルートケアや、ジェルタイプなど3種類あります。

歯医者さんでしか売っていない歯磨き粉になっていますので、ゆたに歯科にご来院された際はぜひ物販をご覧ください!!

『バトラー』

歯科助手の尾茂です。

こんにちは!
朝晩はめっきり寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回はゆたに歯科の物販コーナーにある、バトラーという歯ブラシをご紹介致します!

バトラーはサンスターから販売されている歯ブラシです。
歯ブラシのヘッド部分が薄く、奥までしっかりと磨くことができる形状になっているのが特徴です✨

グリップ部分も従来の物から新しくなり、六角形の手に馴染みやすい形になりました。
指先で色々な角度に変えて磨くことができるので、磨き残しを減らすことができます!

グリップから先端に向かって細くなるようにネック部分が伸びているので、スリムでより奥歯まで入りやすくなっています😊

菌の繁殖を防ぐ抗菌コート毛を採用しているので、ムシ歯菌やバイ菌の繁殖を防ぐ効果もあり清潔に使っていただけます。

見た目もパステルカラーで可愛らしく、プレゼントにもオススメです🎁✨

ゆたに歯科の物販コーナーに見本もご用意しておりますので、是非手に取ってグリップ部分などに注目していただけたらと思います!

以上、バトラーの紹介でした!
その他の物販もまたブログでご紹介できたらと思うのですが、気になる物などございましたらいつでもスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さいね☺️

『定期検診』

歯科衛生士の橘です!

今回はゆたに歯科の定期検診の内容について
お話します!

①問診
まずは簡単な問診を行い、お口の中で変わった事や心配な事、困り事などないか確認します。

②検査
むし歯や歯周病の検査を行います。
必要に応じて目で見えない部分はレントゲン撮影を行ったり、かみ合わせや歯茎の状態の経過を見る為の写真撮影なども行います。

③染め出し・ブラッシング指導
歯並びや歯磨きの癖などをチェックしながら、その方に合った歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方をお伝えします。
必要に応じて、染め出し液を使用して日頃の歯磨きの状況を確認していただきます。
磨き残しをしやすい部分、苦手な部分がどこなのかがよくわかるので、普段の歯ブラシに対する意識も変わります!

④歯垢・歯石の除去
歯ブラシやフロス、専門の器具を用いてプロによる歯のクリーニングを行っていきます。
必要に応じて、歯の磨き上げを行います。


以上がゆたに歯科で行なっている定期検診です。

一度削ったり失った歯を元通りにすることはできません。
一生自分の歯で美味しく楽しく食事をするためにも、予防はとても重要で、健康維持するためには定期健診は欠かせません。

どうか、多くの患者様がお口のことで悩んでしまうことがないようメンテナンスに通っていただきたいと思っております。

『託児について』

保育士の桝屋です
みなさんこんにちは!
最近お昼はポカポカしていて過ごしやすいですね!
手洗いうがいをしっかり行なって
体調に気をつけてくださいね!

今日は無料で行っている託児について
お話したいと思います。

小さなお子さんがいるお父様お母様も
安心して治療を受けていただけるよう
当院では治療中保育士がお子様を
お預かりする託児サービスを行なっております。

待合室にあるキッズスペースには
楽しいおもちゃがたくさんあります。
もちろんこまめにおもちゃの消毒を
行っておりますのでご安心下さい✨

それでも気になるという方は
お気に入りのおもちゃを持ってきていただいても
大丈夫ですよ!

託児は予約制になっております。
現在託児のご予約が取りづらくなっておりますので
予約する際は受付までお声がけ下さい。
何卒よろしくお願いいたします。