【歯科医師求人】クリックして専用サイトをご覧下さい


【歯科衛生士】クリックして専用サイトをご覧下さい


【受付・歯科アシスタント】クリックして求人サイトをご覧下さい


クリックして医療法人愛進会のリクルートサイトをご覧下さい


スタッフのブログです ご覧下さい


ゆたに歯科クリニックの「採用」

ゆたに歯科クリニックでは
プロフェッショナルになりたい方
やりがいを持って働きたい方」を募集しております。

夢に向かって、やりがいを感じながら仕事ができる環境を私たちも全力で提供いたします。

zenindetewohuru

 

スタッフの声はこちら

ゆたに歯科クリニックという職場の人間関係について

なぜゆたに歯科クリニックは職場における人間関係が良く、既存スタッフから働きやすいと言われるのか?

chosanba-sude-


もしあなたが選んだ職場で、人間関係で悩むことになってしまったら?

本当はもっと患者さんに意識を集中したいのに職場の人間関係つくりに意識や時間をとられてストレスをかかえるようになったら嫌ではありませんか?

だれしも人間関係の良い職場で働きたいと望んでいると思います。
しかしながら、職場の人間関係を最重視する人は、結果的に良い職場に恵まれない傾向にあるのです。

実はある問題点を自分が気付いていないことがほとんどだからです。

なぜなら、限りある自分のエネルギーを人間関係をよくすることに割いている人は、自分の視点が人間関係にあるので、自分がその職場で働く本来の目的からズレていってしまっているからです。

そして視点が「他人」にあるので、人の発言や行動が気になってばかりいて、疲れてしまったり裏目にでたりするのです。
仮に努力の結果、人間関係がよくなったとしても「仲良しクラブ」ができあがってしまいます。

次は、その仲良しの輪からはずれないようにするために気をつかいつづけることになってしまい、結局、働く本来の目的からずれたままで、仕事から得られる充実感のようなものは得にくくなってしまいます。

では、どうすればよいのでしょうか?

実は良い人間関係の職場をつくっていくためには、必要なことがあります。
それは仲良くすることに視点をおくのではなく、チームワークを良くすることに視点を置くようにするのです。

hahanohi

チームワークとはメンバーの1人1人が、チームの目的達成のために、皆が承認した行動計画に従い、他のメンバーの仕事を信頼した上で、他のメンバーの仕事を視野にいれながら、自分の仕事をきっちりやっていくことです。

そして重要なことは「チームワークと仲良しは関係ない」ということです。
メンバーの仲が良いにこしたことはありませんが、チームワークはメンバーの仲の良さとは関係がないのです。

チームワークは目的意識を共有したときからスタートします。

あなたは「チームワーク」と「仲良し」のどちらを優先させますか?

例えばセミナーに行ってきた院長が、「新しいことをやろう」と言い始めました。その内容は確かに患者さんのためになる非常に良いことなのです。そして、自分も興味があり、「やってみたいな」と少し思っています。

しかし、他のメンバーは仕事が増えるため、あまり気乗りではない様子です。このとき、あなたはどんな行動をとりますか。
「患者さんのため、医院のため、自分の成長のために、良いことだから、みんな、やろうよ。」と言えますか。
それとも、「この職場の仲の良い雰囲気を壊したくない」からだまっていますか。

私は「仲良し」を優先させても「良いチーム」になれるとは思いません。
むしろ、チームワークを優先させてはじめて、後から本当の意味での「仲の良さ」が
うまれてくるものなのではないでしょうか。

チームメンバーが全国制覇という共通の目的をもったとき、そこにチームワークが生まれます。
そして共に戦う仲間として、お互いを認めあっていきます。

hunamotosan

 

むしろそのなかに、ただの仲良しとは全く違う心のつながりや絆のようなものがうまれてくるのです。
私が考える「本当の意味での仲の良さは」、こういう戦友のような心と心の深い部分で認め合っているというようなものと思っています。

ゆたに歯科クリニックでは、人間関係を良くしようという視点をもちすぎている人にはむいていません。

むしろ夢や目標にむかってそのプロセスで自己成長していきたい、チームメンバーと良い意味でのライバルとなり、切磋琢磨していきたいと考えている方にピッタリです。

 

jkun

「3つのため」

「患者さんのため」

…そもそも給料は会社からでているものではなく、すべて患者さんからいただいたお金なわけです。患者さんのために働くのはあたりまえのことですよね

「医院のため」

…クリニックに選ばれて入社した全ての社員は、「この人ならきっとクリニックをもっと良くしてくれるはず」と思って採用されています。そうでなければ採用されません。ですので、医院のために働くという意識をもつことは、義務であると考えて下さい。クリニックに限らず一般社会でも世界中の全ての会社でもそのように考えています。

「自分の成長ため」

…誰しも自分の将来は、今よりもっと良いものあって欲しいと願います。自己成長をしないで、より良くなるはずがないので常に自分の発言、行動は自己成長につながるかを自問するべきなのです。
私は自分の成長を望まない人と一緒に仕事をしたくないと思っています。私はゆたに歯科メンバーとこれからも共に学び、共に成長したいと思っています。

この「3つのため」がクリニックの行動基準であり、「患者さんのため」「医院のため」「自分の成長のため」をバランス良く持ち合わせていくことが大切です。

 

shosinkaunseringu

 

例えば、ゆたに歯科では髪の色が医院のルールで決まっています。

医院に来院される患者様の中には黒髪でないことを良く思わない方もおられるから、ということが理由ですが、そもそもルールだからです。ルールを守ることのできない人はその組織に必要とされません。

また、「個性だから、医院がそこまで関与しなくても…」と思われる方もいるかもしれませんが、流行の髪型や色は自分のプライベートのためであって、「患者さんのため」にも「医院のため」にも「自分の(成長の)ため」にもなっていません。だから、ゆたに歯科スタッフは、それをやってはいけないのです。

チームワークを良くし、快適な環境で働くためには院長を含むすべてのチームメンバーが「愛すること」と「好かれること」の違いを知る必要があります。
愛とは何か?…それは相手の成長を応援することです。

なぜ皆”愛”ができないのか?…それは好かれたいからです。

愛することと好かれることは必ずしも一致しません。

相手の成長を応援するためには、相手に嫌われるようなことをしなくちゃいけないことがあるわけです。

相手がそれを分かってくれるかどうかは、別問題なのです。

私たちは誰しも好かれたい。しかし、それは相手のためにならないことがあるのです。いいよ。って言えばその時には、好かれるかもしれません。
しかし、それを言わないのは、好かれていたいという自分のことしか考えていない状態なのです。同僚に「それではダメだ。」といえることは自分のことより相手のことを考えているときなのです。

「10年後を振り返ったときに、あの人がいたから今の私の人生がある。」

 

と言われる存在になれば、そんな人がそこにいるだけで周りの人が成長するという人になります。
ゆたに歯科ではそういう人を増やしていきたいと思っています。また、メンバー同士がなっていく必要があるのです。
嫌われたくないからとか、今の良い雰囲気を壊したくないから、ということを優先順位のたかいところにもってきても、そこからは何も生まれません。

実際にゆたに歯科の人間関係は良好です。良好というのは、つまり働きやすいかどうかということです。

実際にゆたに歯科クリニックで働いているメンバーの感想をお読みください。

 

【歯科衛生士】 長曽我部奈々

4年目の歯科衛生士、長曽我部奈々です。
入社して日が浅いので就活をしていたときのことをまだよく覚えています。
やはり1番気になっていたことは人間関係です。
ゆたに歯科に見学にいきチーフの方にお話しを聞くと「私たちは仲良しクラブでここの集まったわけではないんです、同じ目標に向かっているチームなんです。」
と教えていただきました。
私は単純に「かっこいい!」と思いました。
いざ入社してみるとチーフに教えていただいたとおりみなさんチームの一員として輝いていました。
新入社員の私に愛のある指導を毎日してくださり、勤務年数関係なくMTGでは発言できる環境があります。
全員が同じ目標に向かっているからこそ自ずとよりよいチームを作るための発言と行動が出来てくるのだと思います。
私自身入社してから人間関係で悩んだことがありません。
衛生士として女性として人として成長できる職場です。
改めてこのチームで働かせていただいていることに感謝です。

 

【歯科アシスタント・受付】 細川妙実

こんにちは、受付・助手の細川妙実です。
私はゆたに歯科に入らせていただいて4年目になります。
ゆたに歯科のいいところはいっぱいありますが、中でも人間関係・職場環境すごくいいと感じています!
私は歯科で働いた経験がなく、すべてが初めての一からのスタートでした。
初めは毎日覚えることが多く、頭の中はパンパンで、できていない自分が悔しくて落ち込んでしまう時もありました。
でもそこで、辞めたい、もう行きたくない。と思うことはありませんでした。
なぜなら、自分自身成長したい!と思う気持ちもありましたし、できないから見捨てられたり、陰口を言われるということは全くなく、逆に周りのみなさんが協力をしてくださったからです。
ゆたに歯科では、相手のためを思って発言します。
練習も自分の時間を割いて付き合ってくれます。
院内はいつも「ありがとう」という声が聞こえます。
みんなが同じ目標を目指しエネルギーを注いでいます。
すべて、相手や自分の成長を考え、医院のため・患者様のためを思って行動しているのです。
だから、私は成長することができましたし、自分の成長のため・医院のため・患者様のために、エネルギーを使える環境で働けている今、幸せだと感じています!

 

【歯科衛生士】 大坂恭代

はじめまして!ゆたに歯科クリニック歯科衛生士の大坂恭代です。
今年、勤務して5年目になります。
女性の方は特に、人間関係というものを、仕事をしていく上で重要視しているのではないかと思います。
私もそうでした。友人から時々、職場の人間関係や、院長への不満を聞くことがあります。
ですが、それでは仕事に集中できません。それに、職場の人間関係が悪いと感じてしまうと、仕事にも行きたくなくなってしまうと思います。
私は、ゆたに歯科クリニックで働いてから、一度も仕事に行きたくないと思ったことがありません。
それは、仕事を楽しむことができる環境があるからだと思います。
さらに、ゆたに歯科クリニックでは、成長をバックアップしてくださる環境も整っています。
私自身、この2年で大きく成長出来たと感じています。
人間的にも、知識、技術面でも、たくさん成長することができる職場です!

 

【歯科アシスタント・受付】 村井霞

ゆたに歯科クリニック受付の村井霞です。
現在4年目です。
今まで、幾つか仕事を経験してきましたが、どこにも上司や、女性同士の人間関係による働きにくさを感じることがありました。
しかし、ゆたに歯科では人間関係で悩んだことは一度もなく、誰かに愚痴を言われるかも、とか嫌われるかも、といったことを一切考えた事がありません。
なぜなら、ゆたに歯科は同じ目標に向かっているチームであるからです。
また、ゆたに歯科では頑張る人を全員がフォローし応援してくれます。
困った時にすぐに相談でき、発言できる環境があります。
ゆたに歯科で働いている期間はまだ短いですが、今自身の成長をすごく感じています。
ゆたに歯科で働かせて頂いていること、一緒に働いている皆さんにとても感謝しています。

 

【歯科技工士】 藤尾 友紀

ゆたに歯科の歯科技工士の藤尾です。
ゆたに歯科では、やる気のある人は勤務年数に関係なく、どんどん新しい仕事を任せてもらえます。
もちろん、先輩スタッフが指導もしてくれますし、最初は勉強だらけの毎日です。
でも、新人でも発言や提案をしやすい雰囲気があります。
誰かが提案したことに対して、めんどうだとか皆の仕事が増えるから嫌だと言う人はいません。
提案されたことに対して、医院のため、患者様のため、自分のためになるかという視点で考え、実践していくスタッフばかりです。
また、女性が多いと特に、派閥ができたり陰口が横行したりする職場もあるかもしれませんが、ゆたに歯科はそういうものは一切ありません。
なぜなら、皆のモチベーションが高く、仕事をするために集まっているチームだという意識があるからです。
だから、お互いに不満や疑問があれば直接伝えて相談しますし、仕事とプライベートを混同することはありません。
人間関係に悩むことなく、仕事に集中して取り組むことができます。
ゆたに歯科は、やればやるだけ自分に返ってくる、自分が成長できる職場だと思います。

【2016年にゆたに歯科クリニックを卒業し開業】
歯科医師 淺原周平

初めまして。歯科医師の淺原周平です。
よりよい治療を行うにあたっては歯科医師1人では決してできません。
よりよい治療はよいチームワークがあってこそ出来るものだと思います。
よいチームワークとはチーム全員が患者様のことを一番に考えて、同じ方向に向かって連携の取れた行動がとれることです。
チームワークが悪いと治療のミスを招いたり、治療時間が必要以上に長引いてしまったり、治療回数が増えてしまったりと悪いことが増加します。なによりスタッフ間で気を使うなど余計なエネルギーを使うことで治療の質が落ちると考えています。
ゆたに歯科クリニックにおいては、あの人がどうだから・・・この人はどうだから・・・など気を使うことは皆無です。
ゆたに歯科クリニックのスタッフは患者様のため、医院のため、自分のためという3つのことを常に考え、妥協をせず地域一番に向かって邁進しています。
常に上昇志向のメンバーが揃っていますので、本当の意味でクオリティーの高い診療をすることができます。
このような環境で働けることを幸せに感じ、また素晴らしい、ゆたに歯科クリニックのチームメンバー達に感謝をし、日々の診療に当たらせて頂いています。
本当のチームワークとは何か?それを知りたい方は是非ゆたに歯科クリニックに訪れてください。
新しい自分を発見することができます。

 

【チーフ歯科衛生士】 金久奈央

初めまして!
ゆたに歯科クリニックで歯科衛生士をしている金久奈央です。
勤務年数は9年目で、今いるスタッフの中で1番長く勤めているスタッフです。
ゆたに歯科クリニックはありがたいことに色んな医院さんから
「ゆたに歯科のみなさんって、仲良さそうですよね~」と、よく言われます。
実際に私達は仲が良いです。
でもそれは、診療後に食事に行ったり、休日に遊びに行ったりするような
友達のような仲の良さとは少し違います。
私達スタッフはゆたに歯科クリニックという歯科医院で自分の力を発揮する
ために集まりました。
「歯科衛生士としてもっと成長する!」
「人間としてもっと成長する!」
「患者さんから名前を呼んでもらいたい!」
「知識やスキルをもっと身につけたい!」
みんな、夢や目標を持って毎日頑張っています。
そんな、夢や目標を達成するために集まったスタッフたちが、
他のスタッフと積極的に仲良くする必要はあるのでしょうか??
私は必要ないと思います。
夢や目標に向かって頑張れる場を与えていただいているのだから、
それに向かって一生懸命取り組めば良いと思いますし、
ゆたに歯科という組織で働かせてもらっているからには
医院に貢献することももちろん必要です。
自分の成長のため、医院のため、そしてそこに集まる患者さんのために力を注ぐ。
ゆたに歯科のスタッフは全員がこのことを理解しています。
他院さんから仲良く見えていたのは、きっとチームワークの良さだと思います。
ゆたに歯科の良いところ、
それは、、、
人間関係にとらわれることなく、自分の力を発揮することができる素晴らしい職場!!!
簡潔にまとめるとこういう感じです。
ここまで読んでいただきありがとうございます^^

 

seikoukaigyoihenomitibana-.001

 

私のフェースブックです。将来開業を目指すドクターは是非ご覧下さい。「いいね」もお待ちしています。

ここまでお読みいただき、医療法人愛進会で働いてみたいとご希望いただける方は見学申込フォームからどうぞ。

折り返し、担当者よりご連絡差し上げます。

 

ゆたに歯科クリニック 078-927-1565