「歯医者は怖い!」というイメージを変えてみせます!

痛みに配慮した治療への『7つのこだわり』

「痛いのが嫌」

「過去に歯医者で辛い思いをした」

などの理由で、ついつい歯医者に行くのを先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。
ただ、残念ながら虫歯は放っておいても絶対に治りません。
治らないだけではなく、さらに痛みはひどくなっていきます。
さらに放っておくと、残せたはずの歯を失うという、最悪の結果にもつながります。

もちろん、当院で推奨しているように『痛くなる前に予防をする』ことが痛い経験をしない最善の手段です。
ただ、悪くなったら治さなくてはいけません。その場合当然、治療は痛くない方がいいですよね。

ただ残念ながら、どんな症例でも痛みの無い治療が可能なわけではありません。

例えば、処置している最中は痛みが無くても、処置後に痛みが出てしまうという症例や、麻酔が効きにくい症例もあります。
どんなに腕の良い歯医者でも、術中、術後全てで痛みがないということは難しいのです。

しかしその中でも、当院では現在の歯科医療技術で可能な限り痛みの無い治療を行うために、
様々なこだわりを持って治療を行っています。

痛みに配慮した対策その1:「塗る麻酔薬」で注射の痛みを和らげます。

表面麻酔

治療中の痛みは、麻酔を使用することで解決されます。
当然、麻酔が効けば、処置をしている最中に痛みが出ることはありません。
しかし、多くの方が嫌がるのは、この麻酔注射をする時の痛みです。
このチクリとした痛みを感じないようにするために、
ジェルタイプの塗り薬を使用します。
塗るタイプの薬なので痛みはありませんし、身体にも安全です。

痛みに配慮した対策その2:「超極細の針」を使用しています。

極細の針

表面麻酔に加えて、麻酔注射の痛みを軽減するために、『超極細の針』を使用しています。
針治療を受けたことはありますか?
針治療は極細の針を使用するので、刺してもほとんど感触を感じません。
塗るタイプの表面麻酔をし、この極細の針を使用することによって、
さらに痛みが出ないように工夫しています。

痛みに配慮した対策その3:麻酔液が入ったカートリッジを温めます。

暖めるやつ

一般的にはあまり知られていませんが、注射器や麻酔液を人肌に温めると注射をする際の痛みが軽減されます。
当院では『カプリ』という機器を導入し、痛みが少ない温度とされる「37℃」に麻酔液が入ったカートリッジを温め保温しています。

痛みに配慮した対策その4:電動注射器の使用

電動注射器

麻酔注射で最も痛いのが一気に麻酔液を注入した場合です。
ゆたに歯科ではいつでも一定の速度での麻酔液が注入できるよう、電動注射器を使用しています。
お口の状況や部位によって最も痛みの少ない注入速度に調節できる便利な専用機器です。

痛みに配慮した対策その5:痛くない方法で、痛くないポイントへ

例えば、腕や足でも薄皮一枚に針を刺しても痛みはないですよね?
実は口の中も同じです。当院では、注射器を刺すときには薄皮一枚に刺し、ゆっくりと麻酔液を注入して浸透させます。
さらに、口の中には痛みを感じやすい部位と、感じにくい部位があります。これには歯科医師の経験が欠かせませんが、
必ず痛みのない部位を中心に麻酔を行います。痛みを感じにくい場所に、痛くない方法で麻酔を行い、
効いたところでさらに深いところに麻酔を行います。

上の写真は、ゆたに歯科クリニックのドクターがドクター同士で麻酔をし合っている所です。
まず自分が患者様の気持ちや感覚を理解し学ぶため、定期的にこういった「練習」を歯科医師同士で行っています。
ゆたに歯科クリニックのドクターは、患者様の苦痛を減らすため、痛くないポイントを身をもって体感し学んでいます。

痛みに配慮した対策その6:今まで歯科治療での経験をヒアリング

痛くない治療

「麻酔が効きづらかったことがある」
「針の痛みが苦手」
「診療台に座っただけでも怖くなって、痛い気がする」

実は、麻酔の効き方や痛みの感じ方も、その時の心理状態(恐怖心)や過去の経験により変わります。
そして、その患者様がどのようなことに恐怖心を持っているのか、何に対して恐怖心をお持ちなのかによっても対処方法を変えています。ですので、緊急な時を除き、いきなり麻酔をすることなく、過去の経験やお悩みをお聞かせ頂いてから処置を行いますので、安心してくださいね。

痛みに配慮した対策その7:『リラックスできる環境』を大切にしています。

痛みを感じるというのは感覚的・心理的な要素な影響が大きく、緊張している状態だとより痛みを感じてしまいます。
つまり、痛みをできるだけ感じない治療にはリラックスすることも大切です。
そのために当院では、明るい雰囲気作り、コミュニケーション、リラックス効果があるBGM、治療中のちょっとしたお声かけなどを大切にしています。
診療中だけでなく院内どこでもリラックスできる環境にしていきたいと思っています。

痛みに配慮した対策その8:カウンセリングでお悩みをお伺いします。

丁寧な説明

歯科に限らず、安心の医療を受けるためには、患者様と歯科医院側の信頼関係が何よりも重要です。
不安なままだと、お痛みにもつながってしまいます。当院では、初診時にカウンセリングを行い、
患者さまが苦手なことや、不安なことをヒアリングさせて治療に活用しています。
常にコミュニケーションを大切にして、患者様との信頼関係づくりを大切にしています。
また、いつも笑顔でお迎えすることで、安心を提供します!

●麻酔が聞きにくい場合と、その対処法

過去の治療で、「麻酔をしたのに痛かった」という経験があるかもしれません。
残念ながら全ての症例においても万能な麻酔というのはありません。
特に下記のような条件下では麻酔が効きにくいことがあります。

(麻酔が効きにくい場合)
・炎症の痛みが強いとき
・膿が溜っているとき
・下顎の奥歯(周りの骨の影響で、麻酔液が浸透しにくい場合があります)
・腫れているとき
(もし効かなかったときの対処法)
※「麻酔が効いてないかな?」と思ったら、すぐにお伝え下さいね。
① 麻酔の量を増やす(身体に悪影響はありません)
② 麻酔が効いてくるまで少し時間を空ける
③ 治療を中断して薬を処方する(炎症が治まるまで薬を処方します)
④ 少し我慢して頂く(痛みの程度や症例により、治療を続けた方が楽な場合があります)
※ほとんどが、①と②で対応出来ますのでご安心下さい。

●その他、治療後のお痛みなどについて

上記の通り、当院では痛みの少ない治療について様々な取り組みを行っています。
しかし、どんな方にも対応でき、完璧に痛みが無い治療というのは不可能です。
例えば、むし歯を削ったり、神経の治療のあとはお痛みが出る場合があります。
特に深いむし歯の治療は、感染した部分を削ります。その際、必ず神経に近づきます。
そのため、仮のふたや詰め物が入るまでは若干ですが、しみてしまうことがあります。
そして、詰め物が入ってからは緩やかにしみるのが取れていきます。
また、神経の治療後は炎症性物質を取り除いたあとの鈍痛が残ります。
もちろん、痛みを軽減できるよう、十分な時間をとって治療を行います。
また、それぞれに対して、鎮痛剤を処方するなど適切な対処をいたします。
※このような全ての治療に際しての痛みが出る可能性を考慮し、最大限患者さまの負担が減るような処置にこだわって診療を行なっています。

■最高の痛み対策は、

                    痛くなる前に対処すること!

痛い思いをしないためには「ご自宅でのケア」や、痛くなる前に定期健診などで歯医者さんに通って「予防をする」ことがとても大切です。定期的に歯科医院に通う事によって、虫歯・歯周病などの早期発見をすることもできます。

また、当院では歯科衛生士より、虫歯・歯周病予防にとって最も大切なご自身でのセルフケアもアドバイスさせて頂いています。
もし現在、むし歯・歯周病のお痛みで悩んでいる方も、今回の治療が終わってからは同じ事を繰り返さないために、一緒にお口をケアしていきましょう!

あなたの歯を守るためのサポートを全力で行います!