ゆたに歯科クリニックは、根管治療(歯の根の治療)にラバーダムをする歯科医院

ラバーダム(rubber dam)とは根管治療や子供の治療などの際に歯に装着する、ゴムシートです。

ラバーダムを使用することで、根管治療の成功率があがります。

理由は、唾液と共に歯の中に菌が入ることをゴムが遮断してくれるため、治療中より無菌に近い状態にコントロールしやすくなるためです。

kanekodrtiryochu

ラバーダム(ゴムのマスク)を使用した場合: 約90%(初回治療時)
ラバーダム(ゴムのマスク)を使用しない場合 : 約50%以下(初回治療時)
※初回治療時にラバーダムを使用した場合の、再治療時の成功率は約60%。

というデータもあります。

また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー(ファイル)と呼ばれる根管治療用の歯科器具の誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

しかし、日本でラバーダムはあまり使用されていません。

アメリカ合衆国の根管治療専門医のラバダム使用率:90%
アメリカ合衆国の一般開業医のラバダム使用率:50%
日本の歯内療法学会員(根管治療を専門に勉強している)のラバダム使用率:25%
日本の一般開業医のラバダム使用率:5%
(わが国における歯内療法の現状と課題より)

最大の理由は、「根管治療の保険点数が低すぎるから」です。

日本の根管治療の保険点数はアメリカの約7分の1と非常に低く、安い金額で根管治療を受けることの出来る、素晴らしい国でありますが、丁寧にやればやるほど赤字になるために、日本の歯科医師は自然となるべく手間をかけないように治療をおこなうようになってきました。

またそのため、本来は大学でも使用するべきだと教わっているはずのラバーダムを省略する医院が大多数を占めます。

※平成20年の保険改正で、ラバーダムは保険点数が無くなり、実質無料となりました。

(これまでは10点=100円でした)つまり、ラバーダムを保険で使うことは完全に赤字サービスということにな、ほとんどの医院でされなくなりました。

しかし、ラバーダムは根管治療の成功率を上げるのに有効であることが分かっているので、ゆたに歯科クリニックでは、多くの根管治療でラバーダムをおこないます。

確かに無料サービスとなりますが、工夫と徹底した修練次第ではラバーダムを用いての根管治療を可能と考えており、実際に可能にしています(^_-)

そして、常用的にラバーダムを用いた治療で、患者さんから高い評価をいただけるようになりました。

私達は少しでもより良い治療を行うため、これからも限界を突破していきたいと思います。

ラバーダムを使う事のメリット

患部を水分から遮断する

根管治療は乾燥した状態で行う事が非常に重要です。
ところが、お口の中は通常湿度が高く、また唾液も出てくるために中に詰める薬がしっかりと入りにくくなったり、唾液によって二次的な感染の可能性が高くなってしまいます。

ラバーダムを使う事で、患部に唾液が入りにくく、また呼吸中の水分も防ぐ事が出来ます。
また、しっかりと消毒を行う事が出来るのも特徴です。

歯科器具の落下や、誤飲を防ぐ事が出来る

根管治療では非常に小さなリーマー(ファイル)と呼ばれる歯科器具を使用します。
ゆたに歯科クリニックでは通常でも無い事ではありますが、ラバーダムを使用することでこれらの歯科器具の喉への落下を防ぐ事ができ、安心です。

 

歯科先進国であるアメリカの歯内療法(歯の神経の治療)の専門医の90%以上がラバーダムを使用しており、その使用は歯内療法の成功率の向上において必須であると認識されています。

見えないところへのこだわり

例えば家をつくるとき、何が大切と考えるでしょうか?
デザインでしょうか?機能性でしょうか?もちろん全て大切です。
しかし、たとえデザインが素敵でも、機能性が優れていて快適に過ごせていても、
数年後に家の地盤がゆるんだり、床がきしんできたりすれば困ります。
手間がかかるけど重要なこと、基礎的なことだけど重要なところ、
一見手をぬいてもすぐにはわからないところ。
そういった本当に大事なところだけれども、見ることが出来ないところ。
見えないところへこだわるといことは、医療人だけでなく、職業人、
プロフェッショナルであれば、必ず持っています。
詰めてしまえば、かぶせてしまえばわからない。
そんなこと、きちんとやってもやらなくても変わらない。
「相手は素人だから…」そううそぶく歯科医師が残念ながらいることも事実です。
しかし
必ず分かります。
必ず変わります。
なぜなら自分の体のことだからです。
そして、歯科医師なら誰でも歯根の治療が本当に重要であることをわかっています。
この歯根の治療をおろそかにしては、欠陥住宅のように後に問題がおこってきます。

■根管治療

根管1

◆ゆたに歯科の歯の根の治療 根管治療(こんかんちりょう)の実際

他院でむし歯の治療おこなったと、かぶせ物をしたが後から痛みが出てきた患者さんです。

根管2 根管3 根管4 根管5 根管6 根管7

歯根の治療は、細菌感染の拡大を防ぐことが大切です。
根尖にまで感染が拡大すると、治療の成功率は大幅に下がります。
つまり、歯根の治療はリカバリーが難しい治療であるといえるのです。
だからこそ、根尖まで感染が広がってから再治療するのではなく、
そうなる前に見えないところまでキッチリ仕上げておくことが重要だと考えています。