こんにちは。 ゆたに歯科クリニック 歯科医師の藤本です。

 

突然ですが、ご自身の歯の構造をご存知ですか?

本日は、歯の構造の神秘についてお話したいと思います。

 

実は、歯は3つの層からなっているんですね。外側から順に1層目がエナメル質、2層目象牙質、そして最後が神経と血管の集合体です。

 

今回はその歯の一層目、エナメル質の神秘をひも解いていきたいと思います。

エナメル質は我々の体の中で最も固い臓器であり、カルシウムとリン酸からなっています。

そして、カルシウムとリン酸はハイドロキシアパタイトという結晶構造を作り出しています。歯医者さんで歯を削るときはこの結晶構造を削らないといけないので、歯を削るバーにはダイヤモンドが使用されています。

まさに歯は宝石ほどの価値がある貴重なものなんですね。

しかし、そんなエナメル質にも弱点があります。

それは、ばい菌による酸です。

酸によってエナメル質は溶けてしまい、結果として歯の噛む機能は失われてしまうんですね。エナメル質をはじめ歯は、一生に一度きりの宝物です。

当院では、その歯を守るべく日々のメンテナンスや虫歯治療を行ってあなたのお口の健康を守ってまいります。