ゆたに歯科は小児矯正も得意です。

小児矯正も得意です。

子どもの歯が「このままでは歯並びがわるくなるのではないか」と心配していませんか?

・ 「子どもの永久歯が、へんな生え方をしてきて、このままでは歯並びがわるくなるのではないか。」
・ 「学校の歯科検診や3歳児検診で歯並びに問題があるとチェックを受けて気になっている。」
・ 「歯並びや口元の見た目が悪いせいで、子どもの将来にマイナスな印象あたえてしまうかもしれない。」
・ 「歯並びが全身に影響を与えるという話を聞いたことがあるので、それが本当ならば何とかしてあげたほうが良いのではないか。」
・ 「歯並びが悪いせいで、ムシバや歯周病になるのではないか」
・ 「いざ矯正をすると歯を抜くときくが、健康な歯を抜くのには抵抗がある」
・ 「いろいろ相談してみたいけど、どこの歯医者にいけばよいかわからない」

これらのように感じていらっしゃるお母様は多いのではないでしょうか?
このような心配や不安をスッキリ解決できれば良いと思いませんか?

私も歯科医師になって、このような心配や不安をかかえる多くの保護者の方々に出会ってきました。
ですので、不安なお気持ちはよくわかります。多くの方があなたと同じ不安を抱えています。

歯並びが子どもの将来に大きく影響するということを知らない方が多いのに、お子さんの将来のことをしっかり考えておられるなんて本当にすばらしいと思います。

私はかかりつけ歯科医師として、日々多くのお子さんの成長をみてきてわかった事があります。

それは・・・

「子どもの時の歯並びをそのまま様子をみていて、勝手に歯並びが良くなったことはない」

ということなのです。

しかしこのままお子さんの歯の様子を見ていて、状況は改善するでしょうか?
「わからないから、心配なんじゃない!」というお声が聞こえてきそうですね。

歯並びや口元の見た目は、その人の第1印象に大きく関わります。
それはその人の今後の人生にも関わってくるかもしれません。

80歳で20本の歯が残っている人たちは、やはりみんな歯並びが良いのです。
しかし、大人になってから矯正をすれば今までの日本の矯正治療のほとんどの場合歯を抜かなければなりません。
しかも4本も・・・。

なぜなら、歯並びが悪い原因のほとんどが、歯の大きさに比べてあごが小さく、6人がけのイスに7人すわろうとしているようなものだからです。

そして、歯を4本も抜く事は多くのデメリットがあるといわれています。

成人の歯は全部で28本です。(親知らずはのぞく)4本も抜歯してしまうと、24本しかなくなってしまいますので、80歳で20本を目指すには非常に不利です。

また、歯を抜いて歯並びを治すと、実はさらにあご(歯列弓)が小さくなってしまう事は、ご存知でしたでしょうか?

そして、あごが小さくなると言う事は、舌のおさまる場所が狭くなるということです。
舌は居場所が無くなって、のどの方に落ち込みます。その結果、すこし気道をふさいで気道が狭くなるのです。
気道が狭くなるということは、酸素の摂取量が減るという事ですから、子ども成長にも悪い影響をあたえるといわれています。

また、大人になっても睡眠時無呼吸症などの病気にもかかりやすくなります。

できれば歯を抜かずに、小さいあごをさらに小さくしないようにしなければいけません。

では、どうすればいいのでしょうか?

実は良い方法があります。

咬合育成(こうごういくせい)という矯正治療法があるのをご存知でしょうか?

咬合育成とは成長期の早い段階であれば、小さいあごに合わせて歯を抜かずに、
自分の歯が並ぶようにあごをしっかり正しい大きさまで広げる治療法です。

 

ゆたに歯科クリニックの小児矯正について

子供達を健康で綺麗な歯並びの永久歯列に誘導していくことを咬合育成と言います。
私は開業時から来院していた子供達を見ていて、どうしたら綺麗な歯並びにできるのかを研究してきました。

そしていつのまにか子供の歯科矯正は、ゆたに歯科クリニックの得意分野になってしまいました。

子供の歯科矯正は永久歯への生え替わりの時期(7歳~12歳まで)が最も重要な時期です。

 

ゆたに歯科クリニックの子供の矯正

1.なるべく歯を抜かない矯正
2.痛みのすくない矯正
3.むし歯の治療や歯周病の管理が矯正と平行してできる

 

子供の矯正はなるべく歯を抜かないのがベスト

今まで日本で行われてきた成人の矯正治療では、第一小臼歯という奥歯を4本抜いていました。
矯正治療後、前歯はきれいに並んでも、奥歯がきちんと咬めないということが起こっていました。

ゆたに歯科クリニックの子供の矯正は、歯をなるべく抜かない歯列矯正を第一選択としてすすめています。

子供のときから矯正治療をすることの最大のメリットは、成長期である子供の顎の成長を利用し歯を抜かなくても綺麗な歯並びを育成できる可能性があがることです。
逆に成人の場合では、成長期が終わっているため、多くのケースが抜歯をして歯列矯正をおこなわばければなりません。

○子供の時期からはじめる矯正って何のためにするの?

子供の矯正治療は、Ⅰ期治療とⅡ期治療にわかれています。

Ⅰ期治療(7歳~12歳)

あくまでも矯正の初期治療です。

小児矯正1

 

・これらの装置のメリットは、顎の成長が残っているこの時期に装置をいれることによって上下の顎の成長の阻害因子を除去して自然な顎の成長・発育を促す事が出来たり、顎の幅を広げたり歯の位置を移動させることにより、永久歯への生え変わりをいい位置へ誘導することにあります。

・これらの装置でこれからの永久歯への萌出誘導がうまくいけば、この装置だけである程度永久歯をきれいに並べることが出来ることもあります。

~咬合育成の限界について~

但し、予測以上に大きな歯が萌出してきた場合や予想以上の顎の骨の成長(過成長)が認められた場合、特に受け口の子供の場合、将来的に下顎が予測も出来ない成長をおこして、中学~高校のころに再発する可能性があり、もしその様な傾向が見受けられたら外科矯正の専門医に紹介させていただく場合があります。

これは歯並びの問題を越えての骨格の問題であり、ここ数十年の研究から、下顎の骨格的な過成長を抑制することは、できないということが分かっているからです。(上顎の成長抑制はある程度可能です)

子供の矯正治療は本来の成長を阻害する因子を取り除いて、本来の成長にもどしてあげることができますが、DNAレベルで設計された骨格的な成長を歯の矯正でコントロールすることはできないのです。

Ⅱ期治療(13歳~15歳)

ブラケットを使って、歯並びを整えていきます。

Ⅰ期治療で咬合を育成しておいたからこそ、多くのケースをⅡ期治療で非抜歯で歯をキレイに整えることができます。

しかしながら、当然のことですが無限に顎を育成できるわけではありません。また、歯の大きさも個人差、個体差があります。可能なかぎり非抜歯にておこないますが、無理矢理にならべると口元がでてしまうようなケースは、相談のうえ抜歯をおこないます。

歯はキレイに並んでいるけど、口元が出ているとやはり見た目におかしいと感じる場合があるからです。

また顎を広げすぎて、逆に噛み合わせがおかしくなってしまうようなケースも、無理に非抜歯を貫かず、抜歯をして噛み合わせを整えた方が、見た目もバランスも整うケースがあるからです。

ゆたに歯科クリニックの子供の矯正は、なるべく非抜歯で治療をおこなう方針ですが、なんでもかんでも非抜歯で治療をするのではなく、抜歯を行った方が機能と見た目においてバランスの良いケースでは抜歯をおすすめいたしております。

また、ゆたに歯科クリニックでは一般治療を行っておりますので、矯正専門医院と違い、矯正治療と平行して虫歯治療と歯周病管理ができます。

 

痛みの少ない矯正

咬合育成のための装置について(Ⅰ期治療)

咬合育成のための装着時の不快感については、装置を入れた時や歯が動き始めた時には、
多少の不快感や軽度の痛みを伴うことがあります。

通常2~3日程度で軽くなりなれてきます。

痛みを感じるかどうかは個人差がありますが、痛くて食事しづらい場合には鎮痛剤を飲んで頂いても構いません。

ブラケットとワイヤーでの治療について(Ⅱ期治療)

昔の矯正治療はワイヤーの交換のたびにすごく痛みを感じると言われ、痛みを伴うと思われています。
それは50年以上前の方法であるステンレスのワイヤーが主であったころの治療です。

アメリカ生まれのチタンワイヤーを主に、最新のテクニックと最新の器具を用いて治療しますので痛くありません。

全くと言ってよいほど痛くないので「これで治るのかと逆に心配です。」と言われるくらいです。

 

むし歯の治療や歯周病の管理が矯正と平行してできる

矯正専門の歯科医院では、むし歯の治療はおこなっていない場合が多いので、矯正の治療に通いながら、むし歯の治療や管理について一般歯科に両方通院しなければならなくなります。

ゆたに歯科クリニックでは、矯正専門の歯科医院とは異なり、一般歯科ですので、むし歯や歯周病の治療をおこなっており、さらにむし歯や歯周病の予防にも力をいれております。

つまり、むし歯の治療や予防が平行して行えるわけです。

今の時代には、忙しい保護者の方の負担が少しでも軽減する方が、いいかと思います。

そもそも、ゆたに歯科クリニックがなぜ子供の矯正治療をおこなっているのか?

ゆたに歯科クリニックは多くの子供さんが、むし歯の予防のために来院してくださっています。
その際にこのままでは将来歯並びが悪くなって、結局むし歯や歯周病で歯を失うリスクがあがってしまう、また子供のうちに矯正の初期治療(Ⅰ期治療)をおこなっていれば、顎が変形することを防ぐことができたのに、何もしなかったために下あごが(顎顔面が)歪んでいる方がおられます。
成人してからでは外科矯正をしなければ治らないケースが、子供のうちに矯正をしておけば比較的簡単に治るケースもあるからです。(専門的には臼歯の交叉咬合という不正咬合です)

 

歯みがきの重要性について

将来のむし歯、歯周病のリスクを下げてくれる歯列矯正ですが、矯正治療中は特に丁寧に磨かなければ、虫歯になる可能性が逆に上がってしまいます。

なのでゆたに歯科クリニックでは、歯磨きのレベルが一定基準まで上がらないと、矯正治療をおひき受けしておりません。

もちろん、正しい磨き方がわからないなどの心配はいりません。各自の状況に応じて適宜歯ブラシ指導を行ないますので、ご安心ください。

実は、歯磨きのレベルが上がらないと、治療をお受けしていないことには過去の経験からの理由があります。

父の代の頃から家族でゆたに歯科をかかりつけにしてくれていらっしゃる、あるお子さんがいました。親御さんから歯並びが気になるので、矯正をしてやりたいと希望がありました。そのころのゆたに歯科では、まだ矯正の治療はおこなっていませんでしたので、矯正の専門の歯科医院をご紹介させていただきました。

そして、矯正の治療がはじまったのですが、彼女はほとんど歯磨きをしてくれませんでした。

何度も歯磨きの重要性を伝えたのですが、当時私の力不足から彼女の行動は変えさせることは出来ませんでした。

そして、私の予想を上回る早さで、むし歯ができていってしまったのです。

矯正専門の先生のこれ以上の矯正治療の続行は不可能との判断で、矯正治療を中断してブラケットをはずしました。

しかし、彼女の歯は脱灰(初期むし歯)してしまい。歯の色がまだらになってしまいました。
彼女は歯並びも中途半端なまま、思春期を迎え歯がコンプレックスとなってしまいました。

こんな事になるなら、矯正治療そのものをしないように勧めるべだったとすら思いました。
本当に後悔しました。

その矯正専門の先生はとても良い先生なので、いつでも無償で続きをしますよとおっしゃってくいただいているとの事でしたが、彼女は今のところ再開する気持ちになっていないようでした。

確かに、歯を磨かなかったのは彼女です。しかし、彼女のような気持ちにさせることは、二度としたくない。

彼女で矯正治療を紹介するのは最後としました。

それ以降、必ず自分が矯正治療をできるようになって、矯正治療中のむし歯リスクの管理は自分の医院でやるだけでなく、矯正治療をするべきかやめるべきかの判断も自分でおこなうと決めたのです。

そのときに思ったのが、矯正治療は専門医にまかせずに、自分でやろう。そして、矯正治療中はむし歯リスクが上がることを厳格に伝える歯科医師であろうと決めたのです。

「えー、歯磨きがんばらないと、診てもらえないのか…」と思われるかもしれません。

しかし本当に大切な事は、矯正治療をしたいと思ったそれを期に、歯磨き習慣を変えるきっかけにすることです。

「歯並びをキレイにしたいから、その前に歯磨きをがんばる」ことで得られた、歯に対する意識や、歯磨きの習慣はその人にとって一生モノなのです!

だからこそそのせっかくの機会に、意識を変え行動を変えて、一生涯むし歯や歯周病にならない習慣を手にいれていただきたいのです。

もちろんゆたに歯科クリニックの歯科衛生士が、正しい磨き方とその習慣を手に入れるサポートを全力でおこないます(^_-)

 

その他、知って置いて頂きたいこと(歯列矯正における一般的なリスク)

矯正治療中に歯の根が吸収して短くなったり、顎の関節に症状が出てくることがあります。

矯正力を加えた場合の生体の反応は個々に異なるため、このようなことは非常に予想が難しいのです。

1:根吸収

根の先が少し吸収します。吸収具合は、個人差があります。
もともと根が短い方は、特に注意が必要ですので、事前に説明いたします。

2:歯根の骨癒着

歯根が骨癒着する場合があります。もしくは、元々癒着している場合があります。

3:歯肉退縮

歯ぐきが下がることがありますが、そのせいで歯がぬけたりすることはありません。

4:断髄(失活)

歯を動かすことで、神経が死ぬ場合があります。滅多にありませんが可能性はゼロではありません。

5:顎関節症

治療中に顎関節症でることがありますが、病気ではありません。咬合治療で治すという人もいますが、咬合治療ではなおりません。
むしろ10ヶ月以内に勝手になおります。(セルフリミティングと言います)

6:ブラックトライアングル

成人矯正は必ずブラックトライアングルができます。
※ブラックトライアングルとは=「歯と歯の間の歯ぐきが少し下がってできる三角形の隙間」

矯正治療は人生をより豊にしてくれる素晴らしものです。しかし、「キレイになるよ」とか良いことばかり言って勧めようとは思いません。
ちゃんとデメリットを知っていただいた上で、治療を選ばれることがベストと考えています。

「デメリットやリスク」よりも「メリット」が大きく上回る時、その方にとって、やって良かった思えるからです。

 

治療費について

2016年より矯正治療の対応範囲の拡大と医療法人化に伴い料金が変わりました。

(2015年までに治療が開始されている方、もしくは契約が完了している方は、
元のままの料金で最後まで治療させていただきますのでご安心ください)

治療費について(2016年より)

基礎検査

¥5000
歯の模型作成

精密検査

¥45000

Ⅰ期治療

¥330,000
各種装置

Ⅱ期治療

¥330,000
フルブラケットとワイヤー

調整料

1回¥5000

保定装置

片顎¥10,000~¥30,000

※別途消費税を頂戴します。

治療費について(2015年まで

【検査診断料】+【治療費】

混合歯列

¥330,000

永久歯列(中学生まで)

¥450,000

【調整料】

¥5,000

【保定料】

片顎¥10,000

※別途消費税を頂戴いたします。

治療の流れ

矯正治療の流れ

 

矯正装置の名称

矯正1 ブラケット:歯に直接つける矯正器具。
素材は金属製のものや目立ちにくいセラミック製のものがあります。
ワイヤー:ブラケットにはめて歯を動かす細い針金。Oリング:ブラケットにワイヤーを固定する為の直径数ミリの小さな輪ゴム。Oリングにはカラフルでかわいい色もたくさんあって
矯正をオシャレに楽しむこともできます。
もちろん、透明色もあるので、目立たなくもできます。

小児矯正の特徴

矯正2