若手歯科医師のための成功開業医への道
〜目の前の作業を、自分の将来叶えたい願望につなげる〜

将来は開業医として成功したいという願望を持っている若い歯科医師はたくさんいます。

しかし、そのためには「何をどこまで求めるのか?」という願望が明確な人のほうが曖昧な人より、明確な成果を得ていきます。
そして、その願望と自分の目の前のやることを繋げるのが上手い人が、毎日を意味のある充実したものにしています。

自分の仕事の意味づけが出来る人は、スタッフの仕事の意味づけができるようになってきます。
スタッフの仕事の意味づけが出来る院長は、スタッフの仕事にやりがいを与えてあげることができる院長です。

仕事に対するモチベーションが高い人は、自分の願望と目の前の仕事がつながっている人です。

この成功開業医にとって必須の技術である「意味づけ力」をアップする練習は、どの勤務先でもいつからでもはじめられます。
勤務先での自分の仕事をただの目の前の作業にせず、将来の自分の願望に繋がる意味のある仕事にしていく訓練、これは成功者になるための思考の訓練です。

渡邊先生

「思考は現実化する」(ナポレオン・ヒル)という有名な成功哲学の本があります。
ナポレオン・ヒルは成功者とよばれる人とそうでない人の違いを生涯をかけて研究し尽くした人です。彼の研究によれば、成功者とよばれる人は、例外なく良い思考を選んでいたと言うことです。そして、そこから導き出した答えは、「思考は現実化する」ということです。

思考は良くも悪くも自分の現実をつくっていくのです。
であるならば、自分の思考を自分の将来の幸せにつながるように選ばないと怖くないですか?
私達は自分の将来の成功につながる思考も、将来の成功につながらない思考も選ぶことができます。

今回の若手歯科医師のための成功開業医への道は、「目の前の作業を、自分の将来叶えたい願望につなげる」です。
そのコツは「思考を選ぶ」です。
その理由は「思考は現実化する」からです。
そしてその訓練は、いつからでもどこからでもできるということです。

ゆたに歯科クリニックでは今年は合宿で、このことを改めてメンバーに教える時間にしました。
将来開業したときには、よかったら是非合宿をやってみてください。

開業していない若いドクターにおいて、合宿はアドバンスかもしれませんが、合宿をおこないはじめたころから徐々に医院の業績は上向いていきました。
合宿のやりかたはまたこのFBでアップしていこうと思っていますが、今回は10月28日 29日は、今年度のゆたに歯科クリニックの合宿の内容について書きたいと思います。

今年の合宿のテーマも「目の前の作業を自分の願望と繋げる」でした。

今回は「目標達成の技術」と「選択理論」についてのエッセンスを大幅に盛り込みました。

私の人生の目的は「自分のまわりの人を幸せにすること」だと分かっています。
そして私自身の願望としてゆたに歯科のメンバーに、「自分の力で自分の人生を幸せに成功させていく力」をつけさせてあげたいと強く思っています。

今回の合宿では人間関係を良い状態にしながら、目標を達成するのに必要な知識や技術を皆で共有することが少し出来たと思います。
たった1日や2日では自分の持っている全てを伝えることはできませんが、その考え方の基礎の一部を皆に知ってもらえて良かったです。

なぜ愛進会ゆたに歯科クリニックでは、わざわざ診療を休んでまで合宿をおこなうのか?

それは毎日の仕事を、自分達が何のためにやるのか?という目的の部分を大切に考えているからです
日々の忙しさの中で、ついつい謀殺される「何のために」を見直す時間をとることが、自分達にとっても、患者さんにとっても、医院にとっても重要と考えています。

そして何よりも、上司が部下をマネジメントするときに、上司は部下の願望を知らなければ、マネジメントすることはできません。
なぜなら願望を知らないと、彼女達が叶えたい願望や目標達成へのサポートをすることができないからです。

医院の目標があったとしても、その目標達成が自分達の願望に無ければ、目標を達成しても「やらされ感」があり達成感はありません。
つまりチームが同じ方向に向かってこそ成果はでるのに、メンバーそれぞれの願望はその人によって異なるわけです。

しかし、その意味づけが出来たときに「目の前の辛い作業が、自分にとって意味のある仕事」に変わる可能性があるというわけです。
同じことをしていてもそれが、自分の叶えたい将来に繋がっていると明確にわかれば、そこまで辛くないわけです。
ということは、それぞれのメンバーの願望が、会社の目的目標となんらかのリンクをしたときに、「目の前の作業から、自分にとって意味のある仕事、自分の求める将来への修練の場(自己実現の場)となるわけです。

その意味づけをしてあげるのは、マネージャーや院長の仕事ですが、私は今後はその意味づけを自分でできる人に皆を育てたいと思っています。

29日合宿2日目は、休日だったこともあり研修はやめました。
メンバーの送別会をやる予定だったので、その余興も兼ねて「ゆたに歯科秋の大運動会」を午前に繰り上げて開催しました。

5094 5587
4606 1992

合宿というものは、そもそもの目的にチーム力アップするためのチームビルディングがあります。
そういう意味では、運動会はチームビルディングそのものだし、生存の欲求と楽しみの欲求充足ができます。(皆で選択理論を勉強したのであえて書いた)

愛進会ゆたに歯科クリニックでは、誕生日や歓送迎会にメンバー一人一人がその人に手紙を書いてきて、感謝など思いを伝える文化がありますが、これもまたチームビルディングとしてかなり効果が高いものです
1日メンバーと共にたくさん笑って、共に感動の涙をながして、共通の体験をすることで、チームとしての一体感もあがります。

将来開業したときには、よかったら是非合宿をやってみてください。
そして、今のうちから「目の前の作業を、自分の将来叶えたい願望につなげる」ことを意識して取り組んでいってください。
必ず成功開業医になっていく基礎ができてきます(^^)

今後も学生・若手歯科医師が成功開業医になるためにやっておくべき事や、知っておくべき事をアップしていくので、注目しておいてください。私のFBを是非友達に紹介してあげてくださいね。
もしくは、友達にシェアしてあげてください(*^_^*)