若手歯科医師のための成功開業医への道
〜若手女性歯科医師の幸せな人生設計を考える〜

今や歯科大学生の40%〜50%は女性です。
つまりこれからの若手歯科医師の半分弱は女性Drなわけですから、女性Dr成功開業医についてどう考えるべきかを伝える必要があると思います。
そこで今回は成功開業医への道は、女性ドクターについてです。

結論から言いますと、成功パターンは男性よりもかなり難しいです。
もちろん、成功しないわけではありません。
大切なことは男性より難しいからこそ、成功への計画と準備をより早いうちから立てなければいけないだけです。
もちろん何をもって幸せか?何をもって成功か?は人によって異なります。
ただ、自分の人生がどのようになっていけば幸せかということを具体的にイメージすることを、できるだけ早いうちからやりましょう。

なぜ、女性Drの成功が男性Drの成功より難しいかの理由はいろいろ複雑にありますが、結婚、出産、育児の人生最大のイベントがあるからに他なりません。
そこで以下の3つのポイントについて知っておきましょう。

1,結婚自体が、実は男性より難しい
2,出産、育児と仕事のキャリアアップを同時に行うこと自体がめっちゃ難しい
3, 開業医は、歯科医師としてだけでなく経営者としての勉強や仕事がさらに多忙である

1,結婚についてですが、これは男性Drはめっちゃ簡単です。目の前のことを頑張って歯科医師として仕事のできる男になっていけば、年を追う毎に勝手に価値があがります。学生のとき全然モテなかったようなタイプでも、仕事ができるよになって、ドーンと価値があがり若い美人の嫁さんをもらって、幸せにしている人は山ほどいます。なので男性Drは彼女がいなくても焦る必要全くありません。心配せずに、目の前の患者さんのために真摯にとりくんでいきましょう。

しかし、女性Drは目の前の仕事にうちこんで腕をあげていても、結婚のし易さと比例しません。
年齢を重ねていくとある時期から結婚が難しくなっていきます。
もし仮に結婚相手はだれでも良いというのであれば簡単に結婚できますが、結婚というものはお互いの価値観がいっしょだから結婚に至り、逆にお互いの価値観が大きく異なれば離婚にいたります。

つまり女性Drは男性Drと異なり、歯科医師としてレベルアップして収入が増えていくころには、レベルの低い人価値観がはあわなくなってります。(もちろんお金だけではありません)やっぱりだれでも良いというわけにはいかないのです。
実際に、私が知っている女性ドクターでもすごい美人なのに未婚のドクターがちらほらおられます。もしかしたら、若い頃モテたからこそあまり自分から積極的に男性にアプローチしなかったからかもしれませんが、これは実は歯科医師に限らず、仕事をバリバリやってきた女性は、35までに結婚しなかった場合、そこからは未婚のまま行くケースが多くなるそうです。35から急に仕事モードから家庭モードへの切り替えが難しいためだといわれています。

2出産・育児についてですが、この人生最大のイベントをどのように考えるかが、男性ドクターと一番の違いです。

厚生労働省のデータでは、今の日本人女性の平均は29歳で結婚する人が多く、その後子供の手がはなれるころには45歳くらいになっています。

現役で歯科大学にはいって、現役で国家試験をパスして、研修1年おわったら26歳になります。
29歳まで4年しかありません。

つまり、自分のためだけに時間を使えて、ガッツリ修行出来る期間が4年しかなく、もし浪人するとその年数はどんどん減ります。もしくは、出産する年齢を先延ばしにしがちです。

また、妊娠するとフルで働くことが難しくなってきますし、出産後に無理をすると更年期障害がはやくきたりと、身体に問題が起きやすくなります。
その後、愛するわが子の育児や教育がはじまりますので、手が離れる頃には45歳くらいになっているのが厚生労働省のデータでわかります。

もし、29歳で結婚して仕事から離れて45歳になったときに、「さあ、歯医者やろう!」と思っても、卒業したての若い女医と45歳の女医とどちらを雇うかというとやはり前者だろうし、45歳~50歳くらいから目が見えにくくなってくるし、そもそも15年のブランクをどう埋めるかも難しい、医療は10年経つと大きく変わっているので、結局復帰しない、もしくは出来ない人も多いのです。
しかし、親の投資金額を考えると(私立なら4000万くらいかかっている)4年しか歯医者をしていないのは、ちょっともったいないですよね(^^;)
そこに大学浪人や留年や国試浪人をしていると、歯医者をほとんどやらずに結婚・出産して、歯医者をやらずに終わることもあります。独身時代の修行期間が少なければ、余計に復帰は難しくなりますよね。

もちろん、親は子が幸せになってくれれば形はどうであれ問題ないと思っていると思いますが、子は、このことを早いうちに知っておくことが大切です。

3,次に開業して成功する話にうつります。(そういうFBですので)

29歳まで修行して30歳で開業したとします。
妊娠・出産となるとどうしても医院を離れる期間ができてしまいます。

成功開業医たちが成功後にさらに成功するために、院長不在でも回る強い組織つくりにやっきになってやっている中で、なかなか時間のかかるところです。
それを女性歯科医師だと、かなり早い段階で、出産や育児のため、医院が回る状態をつくっておかなければならなくなってしまうのです。

もし勤務時代に腕だけみがいて、経営(マーケティングとマネジメント)を鍛えていなければ、そして経営者となりうる人格レベルをあげていなければ、経営者として超初心者なのに院長不在の組織(経営者として上級レベル)を、超特急でつくらなければならないのです。
(なぜなら、歯科医師の腕だけみがいている場合、自分が抜けるのですから、収入はがた落ちになります)

そんなんできますかね?(^^;)
いや実は、世の中には実際にやっておられる女性ドクターはいます。
本当に尊敬します!

私の知っている女性ドクターも若くして、開業してすごくがんばっておられます。
学術セミナーも経営セミナーもガンガンいきます。成功開業医への見学もガンガンいきます。
そして医院の業績もあがっていきます。しかし、妊娠中もギリギリまで働き、出産後1週間で現場復帰したと聞いています。
本当にすごい!!ただ、凄すぎます…過酷ですよね(^^;)
皆が皆そうできるわけではないと思います。身体への負担も大きいでしょうしね。

今の時代はご存じのとおり、コンビニより多い歯科医院がしのぎを削って、切磋琢磨しています。
そして新しい技術をいち早く取り入れたりしながら、つねにレベルアップしようとしています。
医院では歯科医師としてガリガリ働き、経営者としてスタッフマネジメントをおこない、Drの教育から、組織つくりまで成功開業医は、皆スーパーマンです。さらに休みの日はセミナーや学会に参加し、他の医院との差別化をはかっています。
そこに出産・育児だけなく、子供の教育や学校行事が入ってきます(^_^)
となると、周りのサポート無しに一人でやることは、まず不可能です。

だからこそ、早い段階からそのことを知って、どうなっていったら自分としては幸せなのか、男性以上に考えて計画をたてておくべきなのです。

・なるべくはやく経営者としての勉強をはじめる(できれば学生のときから意識する)
・キャリアをとめずに仕事をつづけられる環境を探す・つくる
・夫がいても、子供がいても続けられる状況を準備する
そういうことが出来る勤務先はありますかね?あんまり聞いたことないですよね

で、私考えたんですよ。
そうであれば、それをこれから愛進会 ゆたに歯科クリニックでつくっていこうと。

私は愛進会ゆたに歯科クリニックを、成功開業医養成機関にしたいと思っています。
それが今年決めた、今後の夢・目標です。
そしてさらに今日思いついた夢・目標は、働く女性歯科医師が、キャリアをとめずに仕事を続けられる法人にすること(もちろん歯科衛生士も歯科助手も)です。

法人に託児をつくり、さらにそこに教育も導入していくことをこれからやっていきたいと思っています。

医院の近くや院内に託児があって、さらにそこに英語の教育なんかがあったらすごい良いですよね(^_^)うん、ええなあ。つくりたいなあ!!(今のところ出来るかどうか分かりませんが、夢・目標です)

そして、元々の私の夢が勤務医の先生のための分院をつくってそれを継承することだから、女性歯科医師には特にばっちりはまりますよね。
医院経営もスタッフマネジメントもできあがっている医院を継承するということは、開業の1番のリスクを回避したかたちだからです。(開業医の1番のリスクは、立ち上げ時にうまくいくかどうかなので)

たとえば、結婚・出産・育児のリスクは愛進会という法人に所属することで代診などカバーし、開業にいたっては、分院長をやりながらゆたに歯科のスタッフを育成システムを利用し、育児に余裕がでる頃に、その医院をそのまま継承すれば、自分1人でがんばるよりかなりリスクをさけられますよね(^_-)

こんなことができるようになるまで、今から最低5年はかかるでしょうが、女性ドクターと共にこんな法人をつくっていきたいと考えていますので、もうすこし私の話を聞いてみたいなど、興味のある新人女性ドクターは、ゆたに歯科クリニックか私のFBに連絡ください(^_-)

私のFBにたどりついた方は、できるだけ早い段階で人生計画をたてることをお勧めします。
そして、そのはやく考えていかないといけないという事実を友達に教えてあげてください。
今後も学生・若手歯科医師が成功開業医になるためにやっておくべき事や、知っておくべき事をアップしていくので、注目しておいてください。私のFBを是非友達に紹介してあげてくださいね。
もしくは、友達にシェアしてあげてください(*^_^*)