美しい歯を目指して(審美歯科)

一般的な保険の歯科治療では、被せや詰め物にはいわゆる「銀歯」を使用し機能の回復を行います。
この「銀歯」はお口の中が暗くなり、歯ぐきの色も黒ずんだりすることもあります。
審美を重視した治療を行う場合にお勧めな材質はセラミックとなります。
セラミックは色の再現性がとても豊富で、透明感のある仕上がりを作ることができ、
天然歯と同じような詰め物や被せを作ることができます。

~ジルコニアセラミックスクラウン~

金属を使わないセラミックスだけでできた被せ物です。
より自然な色合いと形を再現します。永年の使用にも変色せず、
健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

~メタルボンドクラウン~

金属の上にセラミックスを焼き付けたもので、強度にすぐれ、保険のプラスチックの被せ物とは異なり
擦り減らず、変色もありません。

~オールセラミックスインレー~

金属を使わないセラミックスだけで出来た詰め物です。
より自然な色合いと形を再現します。永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

~ハイブリッドセラミックスインレー~

セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。
保険のプラスチックの詰め物よりもより永く白く美しさを保つことができます。

 

料金についてはこちらご覧下さい。