子どもの虫歯

兵庫県明石市松の内2-7-3 医療法人 愛進会 ゆたに歯科クリニック 歯科技工士の藤尾です。

花粉が飛ぶ季節になってしまいましたね・・・

私はまだ花粉症ではないのですが、この時期のなると少し目がかゆくなったりくしゃみが出たりするので、いつ花粉症デビューになるかとおびえています。

さて、今日は小児の虫歯の話をしようと思います。

子どもが虫歯になっても、どうせ乳歯は永久歯に生え変わるからたいしたことないと思っていませんか??

それは大きな間違いです。

乳歯は6歳ごろから少しずつ永久歯に生え変わっていくのですが、この生え変わりには順番があるのです。

もし、虫歯で乳歯が早く抜けることがあると、その抜けた隙間をうめようとして他の歯が動いてしまい、永久歯がきれいに並ばなくなる可能性が高くなります。

また、乳歯に虫歯ができるということは、虫歯ができる生活習慣であるということです。

その生活習慣を変えないと、永久歯に生え変わっても虫歯ができてしまいます。

永久歯は一度失うと二度と生えてきてはくれません。

だから、子どものうちから虫歯を作らないことが、その後のきれいで健康な歯につながるのです。

ゆたに歯科では、小さなお子さんもたくさん通っています。

虫歯がある場合はもちろん、今は虫歯がなくてもこれから虫歯にならないように、ぜひ定期的に歯科に通われてくださいね。