歯が1本無くなってしまったら?【ブリッジ】

歯が1本無くなってしまったら?

みなさんはどうされますか?

前回はこちらで【部分入れ歯】についてのメリットデメリットを書きましたので、
今日は、欠損部分を補う方法の二つ目である【ブリッジ】について
ご説明致します。

 

まずブリッジですが、3本以上の人口の歯を繋げて
欠損部分をまたいで両サイドの歯に橋をかけるようなものです。
その名の通りブリッジ(橋)ですね。

 

こちらもメリットとデメリットをお伝え致しますと、

【メリットその1】
「固定式でラク」
部分入れ歯はお食事の後に取り外して洗わないといけないという事は
前回お伝えしましたが、ブリッジは接着させますので
食事の度に取り外す必要はありません。

【メリットその2】
「保険適用」
部分入れ歯と同じくブリッジも健康保険が適用されるものがあります。
後述しますが、前歯を除いてほとんどの場合は3本共に銀色の歯になります。

 

メリットは上記2つ。
固定式で保険も適用できますので、
部分入れ歯よりもこちらを選択される方の方が多いかもしれません。
しかしながらもちろんデメリットもあります。

 

【ブリッジのデメリット1】
「両サイドの健康な歯を削る必要がある」
お伝えしている通り、ブリッジは両サイドの歯があってはじめて
橋を架けることができます。
ですので、両サイドの土台を形成しなければいけません。
そのためにいくら健康でむし歯でない歯だったとしても
削って土台にしなければいけないのです。
健康な歯を削るという事は非常にもったいないですし、
削った歯は今後、むし歯になったりもろくなったりするリスクが
健康な歯よりも高くなってしまいます。

【ブリッジのデメリット2】
「両サイドの歯に負担がかかる」
こちらも1と同じく両サイドの歯に対してなのですが、
本来、歯にとっては自分たちの負担は自分たちだけで
耐えれば良い訳なのですが、
ブリッジになると3本分の歯の負担を、両サイドの
2本だけで耐えなければいけません。
(日本の年金制度も将来こうなるかもしれませんね)
つまり、両サイドの歯はより大きな負担がかかってしまう
事になります。
両サイドの歯が弱ったり、根っこが折れてしまったりする
場合もあるなど、結果的にブリッジをすることで、
今度は両サイドの歯が無くなってしまうリスクを
生んでしまう訳です。
両サイドの歯が無くなると、もちろんもうブリッジはできません。

 

【ブリッジのデメリット3】
「保険適用のものだと見た目が良くない」
ブリッジは基本的に最低3本が繋がったものになります。
場合によっては4本以上のものもありますし、
変則的なものもあります。
保険適用の場合、前歯以外は基本的に銀色の歯
いわゆる「銀歯」になります。
ですので、非常に広い範囲が銀色になってしまい
見た目があまり良くありません。
前歯の場合はある程度歯の色をしたものが保険で製作できますが、
見える部分にだけコーティングしているものになりますし、
そのコーティングも剥げてきたり、変色したりと
近い将来見た目が悪くなってきます。

その他にも、歯が抜けた部分の歯ぐきが痩せてきたり、
衛生的に悪くなりやすいなど、多くの弊害が出てくる
可能性があります。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は歯が一本無くなってしまった場合に、
その場所を補う方法として【ブリッジ】を選んだ場合のお話でした。

歯が無くなってしまった場合、
保険適用の治療になると、前回の【部分入れ歯(パーシャルデンチャー)】
と、今回ご紹介した【ブリッジ】しかありません。

どちらも費用は抑えられますが、煩わしかったり、
引き続き高いリスクが残るなどデメリットもしっかりと
考えた上で選択してください。

 

次回は最後の選択肢となる
【インプラント治療】を
ご紹介します。

お読み頂きありがとうございました。