子どもの虫歯について

兵庫県明石市松の内2-7-3
医療法人愛進会 ゆたに歯科クリニック 歯科技工士の藤尾です。

GWウィーク真っただ中ですね!!

皆様はどうお過ごしですか??

私は家の掃除をしたり、友人や家族と出かけたりしています。

天気も良くて洗濯日和、お出かけ日和でしたね。

ゆたに歯科はカレンダー通りで、明日はお休み、6日土曜日は通常通りの診療になります。

 

さて、先日のお昼に麦田先生が母親教室用のプレゼンをしてくださいました。

子どもの虫歯治療について、保護者の方向けに作ってくれていたのですが、とてもわかりやすかったです。

皆様は、乳歯の虫歯はどうせ永久歯に生え変わるから大丈夫だと思っていませんか?

乳歯が虫歯になるともちろん痛みが出ることもあるので治療は必要です。

また、痛みがなくても、放置しておいた結果、通常より早く乳歯が抜けてしまったりすると、その後の永久歯の歯並びが悪くなる確率が高くなります。

さらに、虫歯ができやすい生活習慣を直さないと、永久歯も虫歯になってしまいます。

永久歯は一度虫歯になって抜けてしまうと、もう生え変わることはありません。

最初の永久歯は通常6歳頃に生えて、その後一生使うことになるので、子どものうちから虫歯を作らないようにすることが大切です。

ゆたに歯科では、母親教室や定期健診などで、虫歯ができないように指導をしていっています。

また、虫歯ができてしまった場合も、怖がる子どもを押さえつけて無理やり治療するのではなく、その子の段階に合わせて丁寧に治療しています。

ご家族で通われている方も多いので、お子さんの歯が気になる方はぜひお越しください。