身体の不思議!〜あご編〜

兵庫県明石市松の内医療法人愛進会ゆたに歯科クリニックのかねひさです。

みなさまこんばんは!

 

 

今週は雨が続き、

晴れた日との気温差が大きくなっていますが

体調はいかがでしょうか??

 

ゆたに歯科では風邪引きさんが増えており、

喉をやられてしまっているハスキーボイスの

スタッフが数名おります。

体調を崩しやすい時期ですので、

みなさまも体調管理には充分お気をつけくださいね!

 

 

さて、今日はあごのお話をさせていただきます。

普段、なかなか考えることはないと思いますが、この機会にあご(顎関節)がどのように動いているのか少しだけ知っていただければと思います。

まず、お伝えしたいこと。

それは。。

あご(顎関節)はとても奥が深く、

知れば知るほど凄い関節だということ!

それだけは覚えていてください♡

 

では、さっそく。

質問からさせていただきます。

みなさまはお口を開けるときと閉じるとき、

どうやって動いているかイメージできますか?

 

シンキングタイム〜♪

 

チッ、チッ、チッ、チッ。。

 

さぁ、どうでしょう?

イメージできましたか?

 

実は、あご(顎関節)を動かしてくれているのは、

 

image

 

あご(顎関節)まわりの筋肉です!

写真、驚かせてしまったらすみません( ;  ; )

 

あご(顎関節)まわりの筋肉がきちんと動いてくれることで、初めてお口の開け閉めができます。

 

ということは、

あご(顎関節)まわりの筋肉がきちんと動いてくれないと、お口の開け閉めが上手くいかないということになります。

 

あご(顎関節)まわりの筋肉は知れば知るほど

奥が深く、私もまだまだ勉強していかないといけないと思っております。

 

院長は顎関節について長年勉強を続けており、

顎関節からくる噛み合わせについても

長年勉強をしています。

 

顎関節や噛み合わせについて気になる方は

気軽にご相談ください!

 

今日はざっくりとしかお話できませんでしたが、またあごのお話をさせていただければ嬉しく思います。

 

では、今日はこの辺で。。♡