ラバーダム

ゆたに歯科クリニック
明石市松の内2-7-3

助手・受付・TC
細川 妙実 です。

こんにちは!

先日テレビで、歯医者さんが通う歯科医院はラバーダムが使用されている歯科医院。という放送がされてありました(^o^)

image

ラバーダムとは、ラバーダム防湿といい、主に根管治療(歯の神経の治療)の時に使用されるもので、歯の周りにゴムのシートをかけます。

ラバーダムをすることにより、歯の根をしっかりガードし、唾液などに含まれる細菌が入らないようにし清潔な状況を作ることができ、舌や頬を治療中の歯から離すことで治療がしやすくなったり、削る際など傷つけないようにします。また、万が一の誤飲防止にもなります。

様々な点から、ラバーダムがある場合の治療の成功率は格段に高くなります!

しかし、
アメリカでの使用率は90%以上なのに対し、
日本でのラバーダムの使用率は25%ほどだそうです。

治療にはメリットばかりなのに、なぜ使用率がこんなにも少ないのか…

なぜならば、一つはラバーダムをつける際に少し手間がかかること。(万が一ラバーダムをかける歯の高さがない場合は、かけられるように壁をつくるところからしなければならない)
もう一つは、ラバーダムは保険診療の点数がないといことです。
保険診療の点数がないということは、ラバーダムを使えば使うほどコストがかかってしまいます。
ラバーダムを使用しなければいけないという決まりもないので、使用するところは少ないようです。
自費で治療される場合は、使用するところは多いみたいですが(>_<)

ゆたに歯科では現在、根管治療の際はラバーダムを使用しています(^o^)/✨

治療中はずっと口を開けっ放しになるので、ご要望に応じて開口器(口を開く補助器具)というものも使用させていただきますので、口を長時間開けるのがしんどい際などはすぐにおっしゃって下さいね(*^^*)