゜〇名前も知らない通勤友達○。

兵庫県明石市松の内ゆたに歯科クリニックのかねひさです。
みなさまおはようございます!

突然ですが、私には通勤友達がいます。
(少しお話が長くなりますが、
自分自身にとって濃い出来事なので
書かせていただきました^^)

名前も職場も知らない優しいおじさま二人です。

知っていることはこのお二人がとても仲良しだということと、
JRの元車掌さんということ。
毎朝通勤しているところに私もお邪魔させてもらっていました。
いつも変わらない笑顔で元気に声をかけてくださり、その笑顔とあいさつに朝から元気をもらっていました。

特に印象深いのは、
悲しいことがあった翌日に、
「今日は空が青くてきれいやな~!」と、
3人で空を見上げた瞬間です。

「ほんまや。今日青い。」と、
心の中で声が出ました。

その日の天気がどんな天気かもわからないほど落ち込んでいたのが、みんなで空を見上げたことでモヤがとれたように目が覚めました。
おじちゃんのおかげで我にかえることができ、この出来事は私にとって忘れられません。

「今日も頑張っきいやー!」
「おじちゃんもがんばってくださいー!」
こんな毎朝があたりまえでした。

しかしこの度、おじさま二人が定年退職を迎えられるということで、お礼の気持ちを込めて数日前にプレゼントを渡させていただきました。

すると今日の診療中、医院に電話があり、
「JR西日本の◯◯ですが、金久さんに挨拶をしたいので今から伺います」という内容。

数分後、馴染みあるおじちゃん二人が医院の前にいるではないですか!
とても驚きました。

「毎朝一緒に行けて嬉しかったよ!ありがとう!」
そんな言葉と共にプレゼントをいただき、
最後の最後に名前を教えてもらいました。

これでお別れかと思うと涙が出そうでした。
心温かい優しいお二人。
お二人のおかげで毎朝どれだけハッピーだったか!

きっかけは毎朝のエレベーターでしたが、
こんな出会いもあるのかと自分自身驚きです。

長い間、ほんとにお疲れさまでした!
明日から会えなくなると思うと寂しい気持ちでいっぱいですが、空を見上げながら元気に通勤していきたいと思います!

i