技工所見学

兵庫県 明石市 松の内 2-7-3 
ゆたに歯科クリニック の 歯科技工士の藤尾です。

今日は院長と共に、大阪にある歯科技工所「クラフト」さんへ見学に行きました。

クラフトさんはデンチャー(入れ歯)を作製している技工所で、ゆたに歯科の患者様のデンチャーの多くも、こちらで作製していただいています。

社長の西田先生はとても勉強熱心な方で、院長も私も何度か同じセミナーでお会いしたことがあります。

その西田先生から、今日は咬合床の作製方法について教えていただきました。

IMG_0401

IMG_0402

<今日学んだこと>

レジン(咬合床の材料)が硬化熱で変形しないように、模型に圧接したらすぐに冷凍庫で冷やす。
固まってもすぐに削らずに、完全に硬化するまで半日くらい置いておく。
レジンを削るバーは何種類か使いわける。回転数にも注意する。
変形して模型から浮いてしまったら、辺縁を削って即時重合レジンで盛り足して封鎖する。

明日からは、これらのことを実践していきたいと思います。

西田先生から「石膏とレジンの取り扱いに慣れることが大事」とアドバイスをもらいました。
忙しい中、丁寧に対応していただいてありがとうございました。