土台のお話

兵庫県 明石市 松の内 ゆたに歯科クリニック
高見 礼子です^ ^

いいお天気でもう今日は暑かったですね!

暑くて、冬のすごい食欲がやっとおさまってきました…

夏になると勝手に体重が4キロ減る私…

冬にはしっかり4キロ戻るんですけどね( ̄▽ ̄)笑

さて、今日は歯の土台のお話をさせていただきます。

歯の根っこの治療が終わったーと思ったら、次は型取りをさせてもらいます。

型を取ったら次に出来上がってきて終わりと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この型取りは…

土台の型取りになります!

根っこの治療をした歯は「枯れ木」のような状態です。
中の神経、血管を取ってしまうので、栄養が無く、歯は弱くなっています。

このまま被せ物だけ入れると、残っている歯が薄くなっていて噛んだら歯が割れてしまう!

という大変なことにならないようにするため、
金属の土台を入れて、しっかり噛めるようにしていきます。

image

土台?なに??
あと何回かかるの??

と思われるかもしれませんが、大事な工程ですよね?^ ^

残っている大事な歯が割れたり、ヒビが入ってしまったら抜歯に?なんて悲しいことにならないように、一緒に治療頑張っていけたらと思います♡

治療でわからないことがありましたら、ドクター、スタッフまでいつでもお尋ねくださいませ(*^^*)