医療費控除とは

医療費控除とは毎年1月1日から12月31日までの間に費やした医療費が『10万円(200万円以下)』または『(総所得200万円未満の方は)総合計所得金額の5%』を超えた場合(年間最大200万円まで)に『所得控除』受ける事ができる制度です。

※対象の治療費に対して保険金などが出ている場合はその金額を差し引かなければなりません。

『医療費控除』は『社会保険料控除』『配偶者控除』『生命保険料控除』などの所得控除の中の1つですので、確定申告で申告する必要があります。

※そのままお金が戻ってくる訳ではなく、払い過ぎた税金が却ってくるというものです。

医療費控除の対象となる歯科治療とは

しかしながら歯科に関わる全てが医療費控除の対象となる訳ではありません。主に審美目的の治療などは対象外になるようです。

詳しくは『国税庁HP(リンク)』をご覧ください。

医療費控除の手続きの時期は?

1月1日から12月31日までにかかった費用は翌年の2月16日~3月15日までに確定申告をしてください。

※ただし、申告は医療費がかかった翌年1月1日から5年以内であれば申請が可能です。

医療費控除の手続き方法は?

①医療費控除を申告するために必要な書類を準備
②必要書類を作成
・確定申告書A
・医療費控除の明細書
③必要書類一式を管轄の税務署へ提出する
④最大で1ヶ月半程度で指定口座へ還付金が入る

その他ご注意事項

現在、かかった医療費の領収証の添付は必要ではありません。しかしながら領収証などの証書類の保管期限は申請から5年間と決まっています。

書類はしっかりと保管しましょう。

また、領収証の再発行はでき兼ねますのでご了承ください。

その他の参考リンク