若手歯科医師のための成功開業医への道
〜意味づけ力をアップする〜

院長である上司は鬼であるべきか?仏であるべきか?昔から言われている議論です。
これは答えがあります。
答えは仏です(^_-)

「しかしそれじゃあ、仲良しクラブみたいになっちゃって、チームとしてクオリティの高い治療を提供できないよ」という声が聞こえてきそうです。

はい、そのとおりです(^_-)上司が仏なだけでは、強くて質の高い組織はつくれません!

そこには秘訣があります。

自分の医院ではこのように行動して欲しい、このような行動発言はしないでほしい。
そして、こういうスタッフでいて欲しいなど、仕組みや前提条件で、しっかりした基準を前もって伝えておき、その上で何かあった時は、仏のアプローチで諭すのです。

これが人間関係を良い状態に保ちながら、組織としての基準を高くしていくスタッフマネジメントの秘訣です。

そこで上司である院長にとって重要な力が、「意味づけ力」です

たとえば医院で物を壊したときも、ゆたに歯科ではヒヤリ・ハットを提出します(本来の意味とは違いますが、始末書まではいかない程度)
と、なると反省文を書かされるみたいになるので、誰も書きたがりません。

しかし、それを自分なりの改善点を考えて提出することにマイナスではなく、プラスの意味づけをしています。
ヒヤリ・ハットを提出することは、すごく誇らしく素晴らしいことであり、皆を守る重要なことである、ということを徹底的に意味づけします。
そのために1時間くらい、スタッフの前でプレゼンをおこなったりします。
その意味づけもことある毎にし続けていきます。

まず前提として医院の備品が壊れることは、院長にとっても悲しいことであり、患者さんにとっても損失であり、皆にとってもボーナスの原資が減るというデメリットのあることであり、自分にもデメリットがあり、仲間にも迷惑をかけるということが事前にいろんな形で、説明がされています。

となると、さすがに壊した本人は「やってしまった…」という気持ちになります。
そして、その時に「物を壊したことは、皆の代わりに地雷を踏んだわけなので、どうすれば他の人が申し訳ない気持ちにならなくて済むか、その方法を考えて皆に教えてあげてね(^_-)」と伝えるのです。(それをヒヤリ・ハットに書いてもらう)
どうですか?この仏のアプローチ!(笑)なんてやさしい院長だと思いませんか?

これを事前に説明せずに物が壊れてから、院長にとっても悲しいことであり、患者さんにとっても損失であり、皆にとってもボーナスの原資が減るというデメリットのあることを言うと、責められている気分になってしまいますよね。(本当は責めたいのではなくて、院長はただ悲しいだけなんですけどね)
ましてや、怒りの感情をそのままぶつけても、人は怒られたことしか覚えてません。

やはり人間関係を良い状態に保ちながら、組織としての基準を高くしていくには、仏のアプローチでありそのためには「前提の説明と意味づけ力」が大切ということです。

医院の取り組みで、継続しない代表がヒヤリ・ハット。これを継続するコツは、意味づけにありした(^_-)

人間関係を良くしながら、チーム力をアップさせるのには「前提の説明と意味づけ力」は不変のパターンだと思いますので、クラブ活動などで意識していってみてはどうでしょう(^_-)

今後も学生・若手歯科医師が成功開業医になるためにやっておくべき事や、知っておくべき事をアップしていくので、注目しておいてください。私のFBを是非友達に紹介してあげてくださいね。
もしくは、友達にシェアしてあげてください(*^_^*)

12841207_1678864272382503_8590700328603953449_o